理想のボディラインをイメージ!とにかく全身を鏡で見て理想を手に入れる 3つ

ダイエットしなくてはしなくては・・・とは世の多くの女性がいつも思っていること。
そう、痩せること=美しくなるという考えが、なぜか頭の中にぐるぐると渦巻いている、それが多くの女性の悩ましいところです。

しかしながら、本当に美しいとはどういうことなのか、よくよく自分で考えてみる必要があるのではないでしょうか?

1.理想のボディラインをイメージする

まず、自分がどのようなスタイルになりたいのか、イメージしてみます。
モデルの○○さんのような感じ・・・とか、映画のあのシーンのような感じなど
イメージを浮かべて、次に、その人のどんなところが良いと思っているのか考えてみましょう。
そうすると、ウエストはこうで・・・肉付きはこうで・・・と、具体的な項目がピックアップされます。

2.自分と照らし合わせてみよう

次に、1で具体的になった自分の理想のボディラインと、自分の現在の現実の姿を比べてみましょう。
そのためには全身鏡でよく自分を見つめる必要があります。
そうです、もちろんいまの自分では、理想なんて・・・はあと落ち込んでしまうのがふつうです。でも、努力をすれば、近づくことは決して不可能ではありません。
というのは、脳になりたい姿をしっかりとインプットすることで、そういう風になろう!と身体全体が協力体制になるからです。

3.具体的に努力をしよう

2で、今の自分がどれだけ理想と違うかをしっかりと見つめた結果、自分には何が足りないか、よくわかったはずです。そうしたら、どうしたら理想に近づくか現実に対策を考えましょう。
たとえば、二の腕がたぽたぽ・・・であれば、ダンベル体操を取り入れて二の腕を引きしめてみよう・・・とか、おなかが脂肪でいっぱいであれば、まずはひねりの運動から入れてみよう・・・など、簡単でささやかでも具体的に行動してみることが大切です。

この1~3を続けていくと、不思議なことに、なにかを食べるときも、これは本当に食べたいのかなあ?など、自分に問いかけられるようになってきます。
ただがむしゃらに痩せたいと思っても、痩せられない・・・という悪循環のジレンマを繰り返すこととさよならして、具体的にどうなりたいのかはっきりとさせて少しずつ行動に移すことが、今日の美しさ、ひいては未来の美しさを作ることになるのです。