晩酌を続けながらのダイエットは可能か?この方法なら大丈夫の巻

一日の終りの缶ビール。
チューハイ。ワイン…。アルコール好きの女子にとっては晩酌は欠かせません。
ダイエットに飲酒は御法度と言われますが、本当にそうでしょうか?……本当にそうみたいです。

これがお酒で太る、という理由

簡単に説明すると、肝臓では糖分・たんぱく質・脂質などを糖に分解し、血中に放出することで血糖値をあげます。
飲酒は肝臓に、アルコールを分解する過程を最優先させます。すると肝臓で行われる糖代謝がおろそかに。
糖代謝がおろそかになると血糖値は中々上がらず、結果、満腹中枢が刺激されることなく、食べても満腹を感じにくくなり、食べ過ぎることになってしまいます。

これを知ると、ダイエット中はお酒を控えるのが一番だということが解りますね。
けれどこのストレスの多い現代社会。朝から晩まで働いて、やっと訪れたリラックスタイムをお酒なしで過ごすことは少し寂しいです。
はい。甘えですね。ダイエッターにあるまじき発言です。
けれど、ストレスを溜めていては元も子もない。要はうまく摂取カロリーの量を気を付けて、飲みすぎなければ良いのです。

それではダイエット中の上手なお酒の飲み方のコツをお教えします。

ダイエットによって理想のプロポーションを手に入れたい女性の方は多いですが、お酒が好きでたくさん飲んでしまう女性も多いものです。
お酒はダイエットにはあまりよくないとわかっていても、その美味しさやお酒の雰囲気が好きでやめられない人はたくさんいます。

たとえお酒をやめたとしても、それがストレスになってしまうと継続することは難しくなって諦めてしまう人もいます。
このように、お酒を断つことが難しい場合は、無理して我慢する必要はありません。かえってダイエットに失敗しやすくなります。
そこで飲み方を変えるだけで、お酒を飲んでも太りにくくする方法をここで紹介します。

ビール

ビールは糖質が高いのでダイエットには最もよくありません。とはいってもお酒の席では初めにビールで乾杯が定番でもあるので、その一杯にとどめておきましょう。
そして、お酒を続けて飲む場合はあいだに烏龍茶をはさんでアルコールの代謝を促進しましょう。
烏龍茶にはポリフェノールが豊富に含まれているので悪玉コレステロールの酸化防止、中性脂肪の減少、老化防止と様々な役割を果たしてくれます。
あいだにソフトドリンクを挟むことで次々に飲むのを抑制することにもなるのでおすすめです。

糖質オフのものやアルコール分の低いモノを選ぶ。

これは、単純に摂取カロリーの大幅なカットにも及びます。(お酒はアルコール分が高いほどカロリーが高くなる傾向にあります)
お酒が好きで、お酒に強い方こそ、この飲み方をお勧めします。蒸留酒(ウイスキーや焼酎等)は確かに糖質は低いですが、酔いが回るころには大抵飲み過ぎてしまっています。
飲み過ぎるとどうなるか…。制限を効かすことが難しくなります。ダイエット中の飲酒はあくまでリラックスの為。ほろ酔い程度で十分です。
酔う為のお酒でないことをまずは肝に銘じましょう。ここを意識すると自然と飲む量も減ってきます。

焼酎などの蒸留酒やワインは太りにくい傾向があります。

それは焼酎なのの蒸留酒やワインには糖質やプリン体などの太りやすさを助長する成分がほとんど含まれていないからです。
また血糖値が上昇しにくい傾向もあるのでダイエットの時の味方です。さらに、お酒のお供になるおつまみも注意しましょう。

先にしっかり目に食事を取る。

サラダと、ゆでた鳥ささみ肉をノンオイルドレッシングで。なんておつまみ、最高ですが、これだと物足りなくなる可能性大です。
出来れば夕飯を軽く食べておいて、ナイトキャップ変わりに楽しむ、というような飲み方でも意外に満足するものですよ。
その際は、上質のワインを一杯だとか、梅酒をロックで一杯だとか。
どうしてもおつまみが欲しくなったら、アーモンドを数粒がお勧めです。
ゆっくりと咀嚼していると、以外に満腹感が得られます。

このように、お酒の飲み方一つでも太りやすくなったり、太りにくかったりするので、お酒の好きな人は飲み方を学んでダイエットを成功させましょう。