ウォーキングダイエット

ウォーキングダイエットとは

歩くだけでいい運動になるとよく言われますが、実際にダイエット効果を得るためとなると、やはりそれなりのコツと、心がけが必要になります。

例えば陸上競技の競歩は、歩くという行為の中では最高の速さと運動量を持っています。

そこまでではないにしても、ウォーキングでダイエット効果を得るためには、まず『運動を行っている』という意識を持って、各筋肉をしっかりと意識しながら、有酸素運動につながる運動量を得る必用があります。
 

ウォーキングダイエットとの実践と活用

より効果的なウォーキングを行う為の準備として、歩きやすく疲れにくい運動靴とスポーツウエアを用意しましょう。

もちろん、普段着でもできる軽い運動ではありますが、有酸素運動は発汗も伴うものですから、吸湿発汗性の良い服装をした方が快適に続ける事ができるでしょう

靴についても同様で、長い距離を歩くと足が痛くなるようなタイプの靴ではいけません。

ウォーキング時の重要ポイントは、まず姿勢を良くして歩くこと。背中を伸ばし、肩の力を抜いて、足の筋肉を強く意識しながら一歩一歩進めてゆくようにしましょう。

特に、後ろに向かって蹴る力があるか無いかは、スピードの上でもカロリー消費の点でも、大きな違いを生むのです。

いつもはあまり使っていない部分を動かすことを、頭の隅にでも良いので考えながら歩くようにして下さい。

水分補給用の水筒など、持ち歩くものは背負うタイプのリュックか、ウエストポーチにまとめます。なるべく左右のバランスの良い状態で歩く方が良いためで、どちらか片方に肩掛けするのは避けましょう。

毎日少しずつでも継続することが大切です。

一度に無理をすることなく、できる範囲で、次の日に疲れが残らない程度に留めることが、適度な運動の目安です。
 

ウォーキングダイエットとのメリット

膝など足腰に故障を起こしにくい。

簡単で誰にでもできる。
 

ウォーキングダイエットとのデメリット

いつも通り歩いているだけでは効果は無い。