アメリカで話題!8時間ダイエットとは?体の仕組みを上手く利用したダイエット

最近のダイエットでは体のメカニズムを上手く使う事で、痩せて行く方法が主流になってきました。
無理なく、自然な形で、健康的に痩せることが、いいダイエットと言えます。
この「8時間ダイエット」も体の仕組みを上手く利用したダイエットとして、アメリカで話題になりました。

出版された「8時間ダイエット(The 8-Hour Diet)」によれば、24時間食べ続けている状況こそが、現代病である、肥満や、糖尿病を作り出していると言っています。

8時間ダイエットのルール

この「8時間ダイエット」のルールはシンプルです。
起きてから、最初の食事を食べて、8時間以内は何を食べてもOKです。
その他の時間は、何も食べてはいけないというルールです。
つまり毎日8時間の間だけ、食事をする事で痩せるダイエットです。

なぜこのダイエットで痩せる?

それは人間の持っている生理的な活動が関与しています。
消化は寝ている間にもやっていて、現在の人間は寝ている間もフル回転で内蔵が働いています。

これは、体を休める時間がない事を意味します。常に紹介している状態では、ホルモン、酵素が乱れ、消化機能も狂ってきます。
8時間しか食べない事で、体の負担を減らすことができ、寝ている間に、エネルギーを燃焼させる事ができるのです。

さらに効果的にするには

寝ている間に、燃焼させることで、自然に体の体重は落ちていきます。これだけでももちろん痩せますが、これに朝食を果物だけにすると、さらに効果があります。
果物は胃に食べ物が残っている状態だと、胃に留まりそのまま酸化してしまいます。

しかし、8時間ダイエットにより、胃に何もない状況で果物を食べることで、果物は胃を素通りして腸までいきます。
そこで果物の豊富なエネルギーが体内に吸収されます。
8時間ダイエットと、朝食を果物だけにする組み合わせは、人間の体のメカニズムからみても、最高の組み合わせではないでしょうか。

このように、体の仕組みに沿ったダイエットを心がけることで、バランスのいいダイエットができます。
美容と健康という全ての女性の願いを、実現することでしょう。