カロリー制限・メニュー制限必要なし!簡単書くだけダイエット

運動系ダイエットの限界

ダイエットの基本は毎日の食生活を管理して摂取カロリーを抑えることです。運動をして消費カロリーを増やすのは大変重要ですが、運動で消費できるカロリーには限界があり、普通の人であればどんなに効率的に運動をしたとしても、摂取カロリーを抑えるダイエット以上に効率的に痩せることは不可能です。
たとえば、ジョギングの消費カロリーの目安は体重×距離で算出できますが、体重60キロの人が3キロのジョギングを行ったとしても180kcalしか消費することができません。運動による食欲増進効果を考えると、ジョギングのみでやせるのは不可能と判断せざるを得ません。

ダイエットの大敵はストレス

消費カロリーを抑えるためには食事の見直しが一番効率的な方法なのですが、カロリー計算を煩わしく感じる人は食事管理のストレスからダイエットに失敗してしまう可能性があります。ストレスを感じないような食事管理法こそが、失敗しないダイエットのための重要なポイントになります。

ルールは食事メニューを書くだけ

ストレスを感じずに毎日の食生活を見直すのに有効な方法が、食事メニュー書くだけダイエットです。
食事メニュー書くだけダイエットのやり方はとても簡単です。食事メニュー記録用のメモ帳を用意して、一日の生活の中で食べたメニューをすべて記入するだけでOKです。
油ものや甘いものを控えるなどの食事制限や、面倒なカロリー計算は必要ありません。このダイエットのルールはただ一つ、口に入れた食べ物・飲み物は全てメモ帳にメモする、これだけです。

食事メニューをメモする効果

すべての食事メニューをメモすることにより、本人が意識しないままに自然に食事管理ができるようになります。 最初の数日はメニューをメモするのをおっくうに感じるかもしれませんが、食事制限やカロリー管理の手間を考えればとても楽な作業です。
すべての食事内容をメモしていくと、自分の食生活を見つめなおすことができます。カロリーの高い物ばかり食べていたり無駄な間食や偏ったメニュー構成など、無意識に行っているダイエットに悪い食生活を自然と意識するようになり、食生活の改善を無理のない範囲でストレスを感じずに実行するようになります。