30歳からのダイエットとは!女性ホルモンも強く影響、体重も増えやすい!?

20歳代の頃、何を食べても、どんな生活を送っていても太らず痩せていたのに、なんで30歳代を迎えた途端に痩せにくくなったの?と嘆いている方多くありませんか?
食生活も、食べる量もかわりないはずなのに、どうしてどんどん太ってしまうのか?

20歳代の頃と30歳代の頃ではどんな変化が身体の中で起こっているのでしょう?

30歳代から太る!その原因は「基礎代謝の低下」

年齢とともに基礎代謝の能力は低下していきます。
基礎代謝というのは、何もしなくても消化できるエネルギーの量を示しますので、20歳代では基礎代謝の能力が高かった為、食べていたものが処理できていたのですが、30歳代に突入した事によって、基礎代謝能力が落ち込んでしまいます。
つまり、基礎代謝能力が異なるため、20代と変わらぬ食生活だったとしても太ってしまうという事になるのです。

例えば、とある女性が20歳代の頃は1日の基礎代謝量が1200キロカロリーだったとします。その女性が30最大を迎える頃には、1日の基礎代謝量がなんと1100キロカロリーとなるわけです。

100キロカロリーの差があるということは、20歳代と同じ食生活をしていてはすでにオーバーという事になるわけです。

女性ホルモンも強く影響をしています。

体重とあまり関係ないようにも思われますが、女性ホルモンも体重に深く関係をしています。
30歳代の女性は何かと忙しく、子育てをしていたり、仕事も忙しく、ストレスや披露が多い世代になります。

その影響で、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。
女性ホルモンは、エストロゲントプロゲステロンと呼ばれる2つのホルモンをさします。

この2つのホルモンのうち、特に注目したいのがエストロゲンと呼ばれるホルモンです。
年齢を重ねていくと、女性は生殖機能に衰えが出てきます。そして、エストロゲンと呼ばれるホルモンが過剰に分泌されるようになるのです。
近年の食生活の欧米化や様々なストレスの影響からも、エストロゲンの分泌を過剰にするという傾向があるようです。

このエストロゲンというホルモンは、過剰に分泌されると、脂肪細胞を活発化させてしまう為、結果的に女性ホルモンのバランスが崩れる=太りやすくなるという原因となるわけです。

やっぱりよくないセルライトも問題です

年齢を重ねると、筋力の低下も進みます。そのため、身体のいたるところにセルライトが出現しやすくなる環境となります。このセルライトは一度ついてしまうと、簡単に除去する事もできず、非常に厄介な物です。
セルライトは、冷え性を進行させたり、血流も低下させるなど良いこともなく、このことからも太りやすい体質へと導いてしまうのです。

この他にも、女性が太りやすくなる原因というのは、様々ありますが、ダイエットをする上で一番最初にするべきことは、やはり食生活の見直しです。

この他にも

○食事に時間をかける。忙しくとも最低20分の時間を
○糖質の多い食品を控えること(穀類、芋類のほかに甘味の強いもの)

糖質を控える場合、すべてを控えるとなると結構過酷な物になりますので、例えば毎日食べているご飯の量を極力減らす、お米に加えてこんにゃくを加えてご飯を炊くなどの工夫をされると良いと思います。

また、食事に関しても満腹中枢を刺激しやすいように、噛みごたえのある食事もオススメです。
ごぼうのきんぴらや野菜の煮物など・・・和食中心にするだけでも効果が現れるかと思います。

スポンサーリンク