食べすぎて今までのダイエットまで水の泡!飲み会やイベントシーズンのダイエットの心得~3つ

秋冬はパーティなどのイベントも多くなり、食べる機会の多い季節になります。
やはりそんな時に気になるのはダイエットのことです。
楽しいはずのパーティも、うっかりすると食べすぎて今までのダイエットまで水の泡にしかねません。

そんな時にも、きちんと食べ方や普段からの気遣いでダイエットをよりよく続けることができるのです。

パーティーや飲み会では野菜類を多く摂る

しっかりお腹を空かせて行くパーティーや飲み会などでは、揚げ物や高カロリーな食品が出ることが多いです。
そんな時は野菜類から食べるようにするといいでしょう。

パーティーに出るのは主に洋食などです。オードブルやスモークサーモンといったものならまだカロリーが低めです。反対にカロリーが高いものは、フライドチキンやポテトといったものが高カロリーです。
そういったものはダイエットの時には控えておいたほうが無難です。

飲み会などの場合、比較的日本料理はカロリーが低めです。
お刺身や鍋物といったカロリーの低いものをメニューに選んで食べると良いです。

飲み会での食べ方・飲み方の工夫

フライ類などは、高カロリーですが、飲み会では全部残すわけにもいきません。
ですので、フライの衣を少し残したりすることで工夫します。

さらに、お酒もしっかりカロリー計算に入れることが大事です。

お酒はグラス一杯くらいでもお米を軽くお茶碗一杯食べたくらいのカロリーになってしまいます。
事前に先にお茶など頼んでおいて、お酒は別に計算しながらゆっくり飲むということも大切です。

イベントの前後での工夫

実際に人と飲む時などは、どうしてもお酒を勧められることもあります。
そんなことも考慮しながら、前後の日に調整する方法もあります。

例えば、前の日の夕食などでカロリーを少な目にしたり、次の日の夜までに計算をしてなるべくダイエットに影響のないように配慮します。

最近はダイエット用の麺類などもあるので、ダイエット食品なども利用しながら、うまく計算して食べると後で悩まずに済みます。

イベントなどが続くと、体重が増えてしまう心配をする人もいますが、実際の生活をしていく上で人とのお付き合いも欠かせません。

そんな時にもうまく工夫することで、適切な体重を維持でき、さらに美容と健康にもつながることですので、是非楽しみながら、ダイエットを成功させることが大事なのです。