痩せるためにも自分へのご褒美を準備してダイエットスタート

女性は痩せていなければいけない、と考えている人はいませんか。ますます強まるやせ傾向に警告を発する様子も見かけますが、若い世代を中心にただ、体重を落とすだけのダイエットが増強する傾向にあります。健康的に美しくやせることは多くの女性の願望であると言えます。あまたあるダイエット法の中から自分に合ったダイエット法を見つけるには 具体的にどんなふうにして行けばよいのでしょうか。

まずは自分の好きなことを思い出す

なんでも好きなこと、楽しいことでなければ、続きません。これをやっているときが楽しい、この時間は他のことを忘れる、これが生きがいというものを思い出してみましょう。

自分の体型をしっかりと見つめる

やせたいと思っていても、ダイエットをやる気にならない、あきらめてしまうのには、自分の現状を見て見ぬふりをする習慣が身についているからです。たとえて言えば、職場や社会で事故や災害が起こった時現状を把握できず、また、見たくないものをそのままにすることで対処が遅れ、命取りになることがあります。ダイエットも例外ではありません。太った部分や見たくない部分をおざなりにしていれば、どんな効果的な方法を使ってもダイエットの効果はありません。

最初に目標を立てる

ダイエットを始める時に「何キロ痩せる」という数字的な目標だけでなく、自分の体を見てどこをどう引き締めたいか、どのくらい痩せたいかをなるべく具体的に立ててみましょう。このときには最低限の低めの目標のほうが長続きします。どうしても、高い目標を立ててしまいがちですが、かえって逆効果になりますので、絶対ここまでならできるという目標にしてみましょう。実際には、自分が今もし高校を受験するとしたら、どこにしようかというものを15歳の能力ではなく今の実年齢で考えてみるのと同じことです。15歳のときにはできた問題も、今はできないことが多くなっています。あくまでも今自分ができる目標にしましょう。

ご褒美を用意する

もし目標が達成できたら、手に入れたいものを自分にプレゼントするために、ご褒美資金を用意しましょう。
人によって収入はさまざまですし、使えるお金も違います。なので、ダイエットしたら着たいもの、行きたいところ、会いたい友人などかなえたいことの資金を準備しておきます。