着やせ効果で体重をサバ読み!着やせテクニックで見た目体重ー3kg実現

着やせ効果で体重をサバ読みましょう!
見た目で正確な体重は分かりませんよね。
大体これくらいかな?という程度ですから、大いにごまかすことが可能なのです。
実際の体重より1キロでも軽く見られたら嬉しいですよね。
これから紹介する着やせテクニックを意識すれば、実際の体重よりー3キロは痩せてみえます。

縦のラインを意識する

例えば、横縞のボーダー柄と縦縞のストライプ柄。痩せて見えるのはどちらでしょうか。間違いなくストライプ柄です。
ストライプ柄は身体のラインを細長く見せる効果があるので、着やせ効果があります。

反対に、横縞のボーダー柄は幅広に見えてしまうのでNG。特にボーダーの線が太ければ太い程、太ってみえます。

細い部分を出す

ダイエット中の方でもどこか自信ののある身体のパーツはありませんか?
例えば、「脚は太いけど足首は結構締まっている方だ」とか、「太っているけど指は細くてよく褒められる」とか。
そんな自信のある部分はどんどん出していきましょう!

足首が細い人は七分丈のパンツを履いて、足首を強調しましょう。
手首が細い人は長袖シャツを軽くまくって。鎖骨がきれいな人はデコルテ部分が出る服装をチョイス。

このように、気になる体型をカバーしつつも、細い部分のみ見せることによって、全体が痩せているかのような錯覚を感じさせます。

メリハリをつけた服装を

パステルカラーのような淡い色合いの服装は膨張色の為、太ってみえます。
大事なのはメリハリをつけること。淡い色もコーディネート次第では着やせコーデになります。淡い色×淡い色はもちろんNGです。

淡い色×ビビッドを合わせれば、メリハリが出てシャープな印象を与えることができます。

いかがでしょうか?
ちょっと意識をするだけで、見た目体重はごまかすことができます。
着やせテクニックを駆使しながら、ダイエットを頑張りましょう。