これで脚デブを解決!ブーツとミニスカートのベストなバランス

ミニスカートを着たいけれど、脚の太さが気になってなかなか挑戦できない方は多いです。
確かに、素足がそのまま見えてしまうので、脚に自信が無いと堂々とは履けないものです。

しかし、冬にはブーツという賢いアイテムがあります。
ミニスカートでも、ブーツとのバランスが良ければスッキリと着こなす事ができるのです。
スッキリ見えるブーツとの脚出しコーディネートを紹介します。

ニーハイブーツとミニスカート

脚に自信が無い方は、膝のお肉も気になってしまいます。
だからと言って、脚を全て隠してしまうとヤボったくなりますし、余計に脚の太さが強調されてしまいます。
そこで便利なのがニーハイブーツなのです。

足首からふくらはぎにかけてはキュッと引き締めて、膝の辺りは緩く隠します。
ブーツだけで綺麗な脚のラインが完成します。
素肌が見えるのはスカートとブーツの間、つまり太ももの中でも一番細い部分になります。
これなら、バランス良くミニスカートが着こなせます。

ブーツとソックス

ふくらはぎまでの長さのブーツの場合、脚の太い部分で止まってしまい、脚は全体的に太く見えてしまいます。
しかし、気に入って購入したブーツが、たまたまふくらはぎ寸だったと言う事もあります。

この場合は、くしゅくしゅソックスを上手く使います。
ブーツから5cm位覗かせるだけで、脚にアクセントができ、スッキリと見えるのです。
ミニキュロットやミニスカートとのバランスも良くなり、コーディネートし易くなります。

ボリュームのあるブーツとミニスカート

ブーツ自体がスッキリしたデザインの場合、脚のボリュームに負けてしまい、脚の太さを強調させる事になります。
ムートンやリボン付きなどの飾りのあるもの、ファーが付いているタイプなどで足元にボリュームを持たせます。

目の錯覚で脚はスッキリ細く見えますし、目線がブーツに行くので脚の太さが気にならないのです。
このバランスだと、ミニスカートも綺麗に着こなす事ができるのです。

ミニスカートは脚が綺麗な人しか似合わないと思いがちですが、ブーツとのバランスでスッキリと着こなす事ができます。
ブーツの種類は沢山ありますから、自分の中のベストなバランスを見つけましょう

スポンサーリンク