半身浴後は、水分の減少によって一時的に500g~1kgは体重は減っている?半身浴ダイエット効果

綺麗になりたい、それは世の女性の永遠の目標です。
しかし、綺麗になりたいとは思ってダイエットを始めても、なかなかうまくいきませんよね。
運動や食事制限をはじめても長続きしない、途中であきらめてしまって結局リバウンドしてしまう、なんていう経験はありませんか。
今回は、そんな方のために、運動が苦手でも、手軽に始められて、ついでにお肌も綺麗になれる「半身浴」によるダイエット法をお伝えしたいと思います。

半身浴のススメ

半身浴は、入浴して汗を流して血流や新陳代謝を活発にさせ、血行促進を促し、むくみをとり、老廃物を出す効果があります。それにより肌もつるつるになります。
また、老廃物を出すという働きにより、便秘を解消する効果も期待できます。

半身浴にはダイエット効果

半身浴にはダイエット効果はない、なんておっしゃる方もいるようです。
たしかに半身浴の行為自体にカロリー消費や脂肪燃焼などの直接的な効果はありません。
半身浴後は、水分の減少によって一時的に500g~1kgは体重は減っていますが、それらは水分を補給すればすぐに元通りになってしまいます。しかし、ダイエット中の方にとって一時的にでも体重が減った、というのは非常にモチベーションUPとなります。
それに上記の効果の通り、新陳代謝の活発化やむくみ解消など、間接的ではありますが、立派にダイエット効果があります。

半身浴のやり方

まずその半身浴のやり方ですが、お湯の温度はいつも入浴するよりぬるめぐらいで、お湯の量はお腹の上、胸の下あたりまでつかるぐらいの量にします。
最初は少し肌寒いぐらいがちょうどいいでしょう。半身浴は長く入浴を必要とするので、あまり高い温度のお湯に浸かっていると、逆上せてきてしまい、却って危険です。
湯船に浸かる時間は大体15分から1時間ほど。自分のペースに合わせて時間調整をします。
入っている途中、気分が悪くなってきたなとおもったらすぐに湯船から上がるようにしてください。
湯船に入って早い人だと5分ほどで額や頭皮から汗が流れ出てきます。
半身浴をはじめた頃は慣れていないので30分以上浸かってようやっと汗が滲んでくる、という方もいらっしゃいますが、何回も続けている内、短時間で汗が流れ出る体になるようになります。

それが新陳代謝が活発になってきた証拠です。

ただ、半身浴の後は体中から水分が抜けている状態なので、きちんと水分補給をすること。冷たい水は体全体を冷やしてしまうので、飲むならば温いぐらいの水がベストです。
重要なのは、無理に長風呂しないことと、入浴後はきちんと水分補給をすること。
適切な入浴方法で、健康的なダイエットを目指しましょう。

基礎代謝を知る

基礎代謝とは何でしょう。これは人が生きていく上で必要なエネルギーのことです。
たとえばベッドの上でじっと動かずにいても呼吸はしています。息を吸って吐くだけでも肺が使われ横隔膜が上下します。

心臓だって休むことなく全身へ血液を送り出し、胃腸も消化吸収を続けています。
基礎代謝とはつまり意識しなくても自然に消費されるカロリーというわけです。
この基礎代謝がもっと増えたら、何もせずにダイエットが出来るというわけです。

身体を冷やさない

「冷えは女性の大敵」とはよく言ったもので、冷えると基礎代謝が落ちてしまいます。
これは身体の循環にも大きく影響しており、冷えると血液が滞りむくみの原因にもなります。

身体を温めるには着衣はもちろん、内部から温めるのが効果的です。
朝食を摂り胃腸を使うことで睡眠時に下がった体温を効果的にあげることが出来ます。
飲み物は温かいものを選ぶようにしましょう。

上記の様に半身浴や湯船にしっかり浸かることで、血行が良くなり代謝も上がります。

筋肉を付ける

基礎代謝は筋肉で多く消費されます。

筋トレは続かないし、やっぱり何もせずに痩せるのは無理か…とあきらめないでください。
普段の何気ない動作を少し気をつけるだけで、筋肉を付けることが出来ます。

まずは普段の姿勢を気を付けることから始めてください。
座るときは背もたれを使わずに少し前傾でひざを閉じる。これだけで腹筋や内腿の筋肉を使っています。
基礎代謝も上がるし姿勢も美しくなれる。なによりとても手軽です。

基礎代謝をあげるということは毎日の生活の中で、少しだけ気を使えば簡単に出来ます。
基礎代謝を知ることで何もせずにいつのまにかスリムになれるかもしれません。