早くやせなきゃ! 焦りは禁物ゆるすぎる目標でダイエット成功の秘訣

夏は露出の多い季節・・・「ああ、もっと早くダイエットしておけばよかった!」なんて、焦っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、「早くやせなきゃ」と思えば思うほど、ストレスばかりが先行して、効率はあがりませんよ。

ダイエットで一番大切なのは、「ガンバロウとしないこと」!
そう言われてもピンとこないという方のために、具体的にどんな姿勢がいけないのか、お教えします。

ダイエットに焦りは禁物

「さあ、明日から腹筋をしよう!」などといきなり意気込んで始めると、無意識のうちに「早く成果があがること」を期待してしまいます。
だから、運動していても「意外とイケるな。初日だけど、もっとガンバってみよう」などと息巻いてしまうのです。
そうすると、どうなるか。
その時は楽しくてしょうがなくても、次の日が地獄ですよ。
このように最初からやる気マンマンな人ほど、運動する習慣は今まで皆無だった、というケースが多いのです。
だから、初日にガンバって過度な運動をしたせいで体はダル~イ・・・でも、心の方は「初日にあれだけガンバったプレッシャー」に追い立てられています。
焦れば焦るほど、なんだかダル~イ・・・心と体が逆方向をむいていると、結局は体の方が動かないのです。

とはいっても、痩せたい気持ちに変わりはない。
「じゃあ、どうすればいいの?」と言う方は、ぜひ「自分に甘く」をこころがけてください。

自分に甘く 達成感を大事にする

私が現在行っているダイエット法は、
・間食をひかえる
・毎日30分は歩く
・ゴロゴロしない
という3つ。なんともゆるすぎる目標です。しかし、これで十分なのですよ。
普段からキビキビ運動する習慣など全くない私。まずは、そんな自分を受け入れて、無理のないダイエット法を考えることです。
ダイエットだけに限らず、外見でも内面でも「自分を変える」というのは、そうそうすぐにはできません。
まずは、変わろうとしている「今の自分」を肯定してあげましょう。
そして、どんな小さなことでも「達成感を大事にする」こと。
今日は駅まで30分歩いた、今日はおやつを食べなかった、今日はゴロゴロしなかった・・・
他人がきいたら「え、そんなのダイエットって言えるの?」と言われるかもしれませんが、その程度の達成感でいいのです。
重要なのは、できた!という実感をたくさんつかむことです。
その実感こそが、やせたいという心と、やせる体を保ち続ける秘訣なのです。

まずはひく~い目標から。体がそれに十分ついてきていることを実感したら、心が求めるままに、目標をランクアップさせましょう。
心と体を一致させることが、重要なのです。