低カロリーダイエットとは

人間の体を維持したり、活動を行ったりするためにはエネルギーが必要です。

これを外部から取り込むために食事をし、それが体内で分解されることによってエネルギーへと変換され、余った場合には脂肪として蓄積されることになります。

足りなくなったときにはこの脂肪を再びエネルギーに再変換して使用します。

低カロリーダイエットでは、量の制限ではなく、カロリーの超過に注意をはらって内容を考えるという方法で減量を行います。
 

低カロリーダイエットの方法

まず、どんな食材がどれくらいのカロリーであるのかを正しく知る必要があります。

揚げ物一つのカロリー、パスタ一皿のカロリーなどがどれくらいなのかを知ることで、毎食ごとの栄養過多を防ぐことができるのです。

同じ食材であっても、調理方法でカロリーは大幅に変わってきます。

揚げ物よりは焼く・蒸すといった方法で調理した方が当然低カロリーになります。

炒め物にどれくらいの油を使用するのかということについても同じ事が言えるでしょう。

そうした小さな事の積み重ねで、摂取カロリーをコントロールすることができ、結果的にダイエットにつながるというのがこのダイエットの方法なのです。

例えば、1食を400キロカロリーと仮定するよりも、一日に1200キロカロリーに押さえると考える方が成功率をあげることができます。

炭水化物の量を減らし、海藻や葉物野菜の量を増やすと、カロリーを減らしながらも満足感のある食事を充分に食べる事ができるのです。

肉は脂身や皮を取り除くようにし、豆腐などの低カロリーながらタンパク質を摂取できる食材を、自然と多く使用するようになるでしょう。

食べているもののカロリーを常に意識するようにすることが、このダイエットのスタート地点となります。
 

低カロリーダイエットのメリット

低カロリーであればたくさん食べられるので空腹と戦う必要がない。
 

低カロリーダイエットのデメリット

栄養の知識がないと正しく実行することは難しい。
 
 

スポンサーリンク