セルライトとは
セルライトができる仕組み

セルライトは皮下脂肪の一種であり、おなかや背中・お尻・太ももなどに発生しやすい、肌がでこぼこの状態になる症状です。

皮下脂肪が不均一に存在するために凹凸が生じ、見た目が悪い上に消費しにくい状態となっていることから、ダイエットの大敵として知られています。

セルライトは、女性に多く見られる症状で、太っているか痩せているかに関係なく、誰にでもできてしまう可能性のあるものです。

セルライトができる原因は、皮下脂肪の中に老廃物や水分が混在したから、あるいはコラーゲンが必要以上に溜まった結果、またはリンパ液が固まっているため、などと言われています。

最初に皮下脂肪が多く貯蔵され、さらに結合組織の繊維分が固まって、皮膚の表面にまで影響を及ぼすほどの凹凸のある状態を作り出してしまいます。

時には血管やリンパ管を圧迫することで血行を阻害し、冷えやむくみの原因になるとも考えられているのです。

セルライト撃退法

セルライトは普通の状態の皮下脂肪と違い、消費することが難しいものであるため、予防することが一番の対策です。普段から栄養バランスのよい食事と、適度な運動を心がけ、生活習慣の改善に努めましょう。

セルライト発生の最初のステップである、過剰な皮下脂肪の蓄積を防ぐことができます。

では、既にできてしまったセルライトを減らすには、どのような方法があるのでしょうか。

エステなどで行われるトリートメントでは、オイルマッサージなどを行って血行を促進し、さらに専用の機械をあてて老廃物の排出を促します。低周波や高周波をあてる、という手法を用いることもあります。

自分でマッサージを行う場合は、お風呂での半身浴と合わせて、絞るように揉みほぐす方法が一般的です。

固まってしまったセルライトを解すには、強めのマッサージが必用ですから、時には痛みを感じるほどのものですが、日々気長に続ける事で、少しずつですが改善することが可能です。