ルーシーダットン(仙人体操)

ルーシーダットン(仙人体操)とは

ヨガはインドで瞑想術のために発展した、体技と呼吸法を組み合わせたものですが、これがタイに伝わることでいろいろなものへの応用がすすんでいます。

有名なタイ式マッサージはヨガを応用したものであり、ヨガの動きを自分一人ではなく人のサポートを受けて行うという考えがベースになっています。

これとは異なる考えで作られたルーシーダットンは、修行者が体調管理のために生み出したとされるの一人でできる体操です。

整体の効果が高く、骨格のゆがみを矯正することができるため、下半身のダイエットや、全身のバランスを整える事が期待できます。
 

ルーシーダットン(仙人体操)の方法

ルーシーダットンは『タイ式ヨガ』と言われていますが、タイでは特に行われていないものであり、その流れをくんで日本人が研究開発した運動方法です。

そのため、本場は特に存在せず、強いて言うなら日本が本場ということになります。

方法についてはDVDや書籍の他、フィットネスクラブや教室で学習することが可能です。

基礎体力や筋肉があまり必要とされないため、誰にでも取り入れることが容易でスタートしやすいことが魅力です。ある程度習得した後は、個人で自宅で継続するだけで良いでしょう。

体を鍛える効果についてはゆっくりとしたものですが、整体の効果を重視して作られているため、肩こりや関節痛などの軽減にも役立ちます。

ヨガと同様に、即効性でのダイエット効果はあまり期待できませんが、継続して行う事で体調を整え、基礎代謝を向上させる事で減量につながる運動です。

疲れたり、強い負担があるものではないので、年齢や性別を問わず挑戦できるというところが、ルーシーダットンの良い部分だとされています。

ルーシーダットン(仙人体操)のメリット

体力の無い人にもスタートしやすいプログラムである。

整体の効果が高い。
 

ルーシーダットン(仙人体操)のデメリット

即効性はない。

ダイエットには時間を要する。