理想の体重、体脂肪を知る
標準体重と理想体重

体重の指標としてよく使用されるのがBMI(Body mass index)という数値です。身長の二倍で体重を割ることで求めることが出来る値です。

健康的に生活できて、病気になりにくいとされる標準体重は、このBMI値が22となります。

18.5未満で痩せ・低体重となり、18.5〜25までが標準、それ以上が肥満という分け方になっており、標準の範囲内におさめることが推奨されているのです。

標準体重とされるBMI22ですが、この体重の状態は日本人女性にとって少し太めに感じられるもので、多くの人はもっと痩せた状態を理想としています。

理想体重という言葉は立ち位置によって使用方法が変化する言葉ですが、美容的な意味での理想体重は、BMI19程度であると言われているので、この値を計算して目標体重とするのが良いでしょう。

 いろいろな標準・理想体重の求め方と考え方

BMI値を利用した考え方の他にも、いくつかの体重の求め方が存在します。

身長から100を引いて、0.9を掛ける。

身長から、110を引いた数値を利用する。

上記の二つの計算方法で求められる体重は、BMI22よりも小さな数値になりますが、いずれも不健康とされる『痩せ』に入ることはないため、簡単な指標として使ってみても問題はありません。

体脂肪率の求め方

体脂肪率を知るためには、体脂肪計で計測を行う必用があります。

体重計と一体となっているものもあるので、こまめにチェックしたい人は購入するのが良いでしょう。体脂肪は体重と違い、計るタイミングでかなり変化するということも、同時に知っておきましょう。

女性の場合、体脂肪率20パーセント未満が細身・痩せ、20〜25が適正・標準とされています。

それ以上の数値については、30までが軽肥満、30以上が肥満となります。

体重の標準値だけでなく、この体脂肪率についてもしっかりと把握しておくと、ダイエットのモチベーションを保つ目標が増える分、より成功率がアップすることが期待できます。