チュニックばかり買っていませんか?ぽっちゃり美人になるための小さなヒント2選

「私はぽっちゃり体系だから、何を着ても似合わない」
「ぽっちゃり体系がイヤ!とにかく隠したい!」
なんて思っている方、実は日ごろから間違った体型カバーの洋服を選んでしまっているって知ってましたか?
今日はそんな方々に、ぽっちゃり美人になるためのちょっとしたヒントをお教えしたいと思います。

「お尻までですっぽり!体型カバーに最適!」なんていう謳い文句の服には要注意

最近定番になっている、お尻まで隠れる長め丈のチュニックを好んで買っている方はいませんか? これって、往々にしてデブ&老けて見えるって知ってましたか? 半袖丈や、ノースリーブのチュニックに長袖や半袖を合わせたら・・・ はい!!おばちゃんの完成です。

だって、想像してみてください。 スーパーの中で買い物をしている60代の女性も、幼稚園にお迎えに行く20代の若い母親も おんなじ様な服装をしていると思いませんか? 要は腰回りが楽なんです。楽な服装に【やせ効果】は期待できません。 やせて見えるのではなく、隠したい肉が有るって宣言しているようなもんです。

では、それでもお尻まですっぽり隠れる丈のチュニックが好きという方は 潔く、下のパンツをスキニーパンツにしてください。
それか、ベルトでウエストマークをしましょう。 新しくチュニックを買うのなら、やや体にフィットするタイプのチュニックにしましょう。 裾にフリルの付いたものや、膨張色はご法度です。 モモンガタイプやドルマンタイプを買うなら、裾がお尻にフィットするものにしましょう。
腰から下のラインがより長く見えて、実物以上に細く見えるはずです♪

カラースキニーや花柄スキニーは要注意

最近流行のこの洋服。着てみたいと思いませんか? カラースキニーは紫や濃緑色を選びましょう。最も旬な青色はやや危険です。
太い腰回りに視線を集めすぎます。 花柄は大きめのお花プリントのモノクロかセピア色を選びましょう。
残念ながら、明るい色はデブにはNGです。
そして、同系色の高めヒール靴がマストです。 腰周りをすっきり見せてくれるガードルタイプの下着を付けて、 お尻を潔く見せるのが細見えのヒントです!

ぽっちゃりでも可愛く楽しく着る方法はいくらでもあります。 要は、必要以上に隠したいという意識を持たないこと。 それから、自分がどう見えるかを日々研究する事です。
そして出来れば、少しだけ自分の食生活や生活スタイルも見直してみましょう♪ 磨かれた洋服センスに見合うだけの体型は、後々、おまけの様に付いてくるかもしれませんから。