アラサーが成功する為のダイエットポイント2選

アラサーの皆さん、ダイエットの事で悩んでいませんか?
生活パターンも変えていないし、食べる量だって同じなのに、何故か太ってしまった!お腹が出てきた!今までのダイエット方法では全然痩せない!等「アラサーならではの変化」に戸惑い悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
それもそのはず。アラサーになってからは太り方も痩せ方も全く変わってしまうからなのです。

尚且つ基礎代謝が落ちていくので、「昔と同じ生活では確実に太ってしまう」のが辛い現実です。
でも、だからといってたるんだ身体で諦めてしまってはNG!
アラサーならではのダイエットのポイントを押さえ、ダイエットの成功を目指しましょう。
ここでは効果的なダイエットポイント2選を紹介したいと思います。

代謝が悪くなる

歳があがっていくたびに、痩せにくくなったと感じることはありませんか?昔は食べ過ぎた次の日にちょっと調整をすると戻った体重が、何日たっても元に戻らない・・それこそ代謝が悪くなっている証拠です。

若いときは新陳代謝が活発なので、少し頑張ればすぐに体重も減らせるのですが、代謝が悪くなっているとそうはいきません。それが出始めるのが、30代にさしかかるころだといわれています。

長い目で見る

若いときのように思ったように体重が落ちないのは当然と思ってください。まだ自分が歳をとったという感覚がないと、どうして痩せないの?とイライラが募ってしまいます。

そのイライラはダイエットにとっても大敵なので、できるだけゆったりとした気持ちで構えましょう。ダイエットを始めても、なかなか効果が現れないかもしれませんが、頑張って続けましょう。

以前より少食な自分になる

基礎代謝が落ちた事により、今まで通りの食生活では消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ってしまいます。
消費カロリーを増やす事に目を向ける事も大切ですが、それだと生涯運動をし続けなければならない未来が待っている事になってしまいます。
アラサーの今はまだしも、今後更に年齢を重ねていけば今よりもまた基礎代謝は落ちていってしまうのです。

つまり消費カロリーも更に増やさなければまた太ってしまうという厳しい状況になります。
その事を踏まえて考えても、消費カロリーだけに頼るのではなく、摂取カロリーを落とし安定させる事の方が確実と言えます。

しかし食事制限を一生続ける事は出来ません。
炭水化物を抜く、夕食を抜くといった制限をして摂取カロリーを落とすのではなく「今より少食に感じられる」程度に全体の食事量を減らす事が有効です。
例えば今までご飯茶碗に普通に一杯盛っていたご飯を、軽く一杯盛る程度に変える事を三食分やるだけで、一食分のご飯を抜いた程度に摂取カロリーを減らす事が出来ます。
これならば無理なく、ちょっとした我慢で続けられ、身体も段々と少食に慣れるようになってきます。

外食を控える

楽しい外食、外で食べれば必ず太るというわけではありません。もちろんその食べ方によっては、外食でも太らない食べ方もあります。では、どうして太ってしまうのでしょうか。

まず第一に、味付けが濃いことが多いからです。味付けが濃いということは、その分カロリーも高いということ。外で食べる際には味付けを自分で決めることはできませんから、濃い味のものをたくさん食べてしまうのです。

外食は楽しい!それこそ肥満への道

外でご飯を食べることが楽しいので、自然と食欲も増えます。また、家だったら食事に限界がありますが、外食なら頼めば頼むほどに料理が出てきてしまうので、会話も弾むと同時に食欲も増えてしまうのです。

もちろん楽しくご飯を食べるのは大事なのですが、ダラダラ食べてしまったり、あればあるだけ手を伸ばして食べてしまう外食は食べ過ぎの危険があります。

外食メニューの選び方

外食は太りやすいですが、選ぶものさえ気をつければ怖くありません。まずは一番最初にサラダなどの野菜を食べるようにしましょう。食物繊維を先に摂ることで、その後の吸収をゆっくりにしてくれます。

胃腸に負担をかけず、脂肪になるのを防ぐのです。そして、何でも腹八分目でやめておくことです。ついつい食べ過ぎてしまうのですが、腹八分目で止める努力をすることで、自然と食べる量は減らせます。

運動を取りいれて筋力アップ

歳とともに運動するのも面倒になりがちですが、食事制限だけでは効率的なダイエットとはいえません。筋力がついていないと、痩せてもその後リバウンドしやすくなってしまうのです。ただでさえ年齢のせいで代謝が悪くなっているのですから、運動を取りいれてあげないと更に代謝が悪くなってしまいますよ。

筋トレを続ける事でたるみ防止に

ダイエットと言えば有酸素運動!が定番です。
実際に脂肪を燃焼させる為には大切な事なのでアラサーの方にも是非取り組んでもらいたいですが、それ以上に忘れてはならないのが筋トレです。

脂肪は少なくても、なんだか締まりのない身体に見えてしまうのがアラサーの身体。
お腹や背中、二の腕等なんだかたるんできているのではないでしょうか?
年齢による筋肉の衰えは残念な事に見た目に出やすいのです。
摂取カロリーを減らす事や脂肪を燃焼させる為の有酸素運動も大事ですが、筋トレに励む事が引き締まった身体を作る為にはとても大切な事です。

アラサーのダイエットに大切な事は体重を落とす事よりも、今以上に太らない事を考え、身体全体を引き締めるようにする事がいつまでも若々しく美しいボディでいられる秘訣です。

肌調子も同じに整える

ダイエットと同時に肌トラブルが起こってしまう人も多いです。若いときはまだ治せても、アラサーの肌荒れは後で大きなダメージになることもあるので、肌調子はしっかりと見ておきましょう。ダイエットの影響で肌荒れを起こさないためにも、スキンケアも十分にしてくださいね。

年齢の分たくさん努力する

若いときは何もしなくても保てていたスタイルや肌質であっても、年齢を重ねれば重ねるほどスタイルが崩れたり、肌が荒れやすくなったりもします。

まずは自分がもう若くないことを自覚して、その年齢で出来るすべての努力をしましょう。美容というのは、その年齢に合わせて日々変わりますし、年齢があがればあがるほどに更に努力が必要になりますよ。

まとめ

アラサーは年齢的に一番体型が気になり始める時期です。その時期に若いときと同じように油断していると、全然痩せられなくて更に体重が増えていってしまいますので、注意しましょう。更に年齢を重ねてもいいスタイルを保つために、アラサーが運命の分かれ道ですよ。

ただ体重落とせば良いだけのダイエットからは卒業し、アラサーダイエットでダイエットを成功させましょう。