炭水化物抜きダイエットとは

炭水化物は糖質に変換されることで人間のエネルギー源として利用される、

なくてはならない役割を担っている栄養成分ではありますが、恵まれた食生活を簡単にできる現代では、むしろ脂肪分と並んで肥満の原因となっていると考えられています。

この炭水化物を制限することで、脂肪の蓄積をあらかじめ予防して減量・肥満解消を目指すというのが、炭水化物抜きダイエットの考え方です。

炭水化物の摂取量を控えることで、消化のゆっくりとした野菜などの摂取量が多くなり、栄養バランスも良く整えることが、簡単にできるようになる効果が期待できます。
 

炭水化物抜きダイエット の方法

炭水化物抜きダイエットの方法は簡単です。

主食プラスおかず、という構成の食事をやめ、つまりはおかずだけを食べるということです。サラダなどはいくらでも食べて良いので、空腹感に悩まされることもほとんどありません。

全体の食事量が多くならないように注意すれば良いだけで、主食をカットした分、おかずを食べるようにします。

パン、ごはん、麵類などを食べないようにして、野菜や豆腐などはたくさん食べられます。イモなどは炭水化物に分類されるので、食べるとしても少量に抑えましょう。

食事制限でダイエットを行う時には、主食の量を減らして野菜で補うという方法がよく行われますが、炭水化物抜きダイエットはそれをさらに一歩進めた方法だというわけです。

一日三回全ての炭水化物を抜くと早く効果を実感できますが、一日一回や二回の実行でも良いでしょう。

特に、夕食の炭水化物ををカットする方法が一日のうちで最も効果的だと言われていますので、一度だけにするなら夜を選ぶのが賢い選択と言えそうです。
 

炭水化物抜きダイエット のメリット

空腹感が少なく、簡単に実行できる。
 

炭水化物抜きダイエット のデメリット

食費を控えめに抑えるのが難しい。