大注目!ダイエット中でも焼肉、しゃぶしゃぶを楽しむ方法

ダイエット中の外食はタブーと考え、頑なに外食を断ったり、我慢してストレスを貯めてしまった経験はありませんか?
確かにカロリーオーバーになりがちな外食は、あまり賛成できた事ではありませんが、たまには気晴らしも必要です。
そんなダイエット中に外食する時のポイントをいくつかご紹介します。

ダイエット中の焼肉は網焼きで

ダイエット中に焼肉なんて食べていいの!?と感じる人もいるかもしれませんが、ルールさえ守れば、食べても大丈夫です。
そのルールの1つ目が、網焼きの店を選ぶ事です。
網焼きなら、焼いているうちに網の隙間から脂が落ち、カロリーがカットされます。
できるだけよく焼いて、脂をしっかり落としましょう。

お肉を食べる前にはキムチやスープ

焼肉を食べるためのルール2つ目です。
焼肉店について、いきなりお肉を口に入れるのでは無く、キムチやスープを先に食べるようにしましょう。
キムチやスープを口にすることで、血糖値の急な上昇を抑えることができます。
そしてご飯や麺などの炭水化物を食べる場合は、一番最後に単体で食べるようにして、お肉と同時に食べないように注意しましょう。

内臓系を積極的に食べよう

焼肉を食べるためのルール3つ目です。
カルビやロースに比べ、レバーやホルモンなどの内臓系は低カロリーです。
栄養もたっぷりなので、積極的に注文して、お腹を満たしましょう。
内臓系以外では、ハラミは比較的低カロリーなので、上手く取り入れましょう。

しゃぶしゃぶはダイエットの味方

もし外食のメニューを選べるなら、しゃぶしゃぶを選ぶようにしましょう。
しゃぶしゃぶは、出汁でしゃぶしゃぶすることで脂を落とせるし、野菜もたっぷり取れる、理想的な外食メニューです。
胡麻だれはカロリーが高いので、できればポン酢で食べましょう。
またしめのうどんや雑炊は控えめにしましょう。

その他外食の選び方 食べ方

ダイエット中でお弁当にしたくても会社員だとランチに誘われたりなどで外食になってしまうことがありますよね。
そんな時に外食でもどういったものを選べばいいのか、どんな食べ方をすればいいのかを紹介したいと思います。

メニューの選び方

ファミリーレストランだと洋食がほとんどで、どうしても高カロリーになりがちです。
ですが、メニューの組み合わせによってはバランスをきちんととることが出来ます。
まず選んではいけないものは、炭水化物単品のものです。

例えばパスタやドリアなどです。炭水化物がメインになってしまうし、バターなどの油脂類が多く使われているので高カロリーになりがちです。
後はハンバーグも避けたほうがいいです。ファミリーレストランのハンバーグにはタネのなかに多く油が練りこまれています。

1番おススメなのは、チキングリルやステーキなどのグリルもので素材そのもので焼かれているものがおススメです。一緒にご飯を選ぶよりかはサラダやスープを一緒に付けて、サラダやスープから食べるといいでしょう。

2つ目は食べ方です。

まず注文の際に出来るところではご飯は少なめで頼んでおきましょう。残すと勿体無いし、あると食べてしまうので最初から少なめで頼みましょう。
お店によってはご飯を少なめにすると値引きがあるお店もあります。

そして野菜類を一緒に頼むか野菜が多いものをなるべく選んで野菜から食べましょう。
汁物も先に食べましょう。この食べ方にすると最初の空腹感を抑えることが出来るので食べすぎを予防することが出来ます。

また外食が続いた時はリセットの日をつくりましょう。
食べ過ぎた3日いないにプチ断食などをしてリセットをすればまだ間に合います。
食べ過ぎたからと後悔するのでなく良いものを食べたからその分減らすという考えでおこなえばきっと楽しくなります。

最後に

ダイエット中に外食をするためのポイントを、ご紹介しましたがいかがでしょうか?
暴飲暴食せずに、ルールさえ守れば、外食の誘いを断る必要はありません。
ストレスを貯めずにダイエットを続けるために、たまには美味しく外食を楽しみましょう。

スポンサーリンク