豆乳ダイエット効果方法

豆乳ダイエットとは

豆乳は、大豆加工食品であり、豆腐を作る前段階にあたるものです。

料理に活用することもありますが、ダイエットにはそのまま飲むことで利用します。

他の大豆食品と同様に、豆乳には様々な高い健康効果を持つ成分が含まれており、ダイエット目的だけでなく美容のためにも良い飲み物です。
具体的には、コレステロール値を下げる働きを持つ大豆レシチン、脂肪燃焼をサポートしてくれる大豆サポニン、女性ホルモンと似た働きを持つ大豆イソフラボンなど、ひとつひとつのどれもが、女性にとっては嬉しい成分ばかりです。

ダイエット中に不足しやすいタンパク質もしっかり摂取できるので、食事制限中心のダイエットでも、運動中心のダイエットにも取り入れられる食品なのです。

 

豆乳ダイエットの方法

基本の方法は、食前に豆乳をコップに軽く一杯程度飲む、というものです。

食事と同時にではなく、20〜30分前に飲んでおくことで、サポニンが働き満腹中枢を刺激します。

量はそれほど多くなくても、食べ過ぎを防いでくれる効果が生まれるのです。

食事のほうは、大幅にカロリーオーバーしない程度に留めれば、普通食で良いでしょう。

早く結果を出したい場合には、野菜中心に構成するなどの工夫をして下さい。腹八分目におさえるように心掛ければ、何を食べるかは自由となっています。

豆乳には、調製豆乳と無調整豆乳がありますが、どちらであっても効果は同じです。

無調整豆乳の方が濃い豆乳なので、飲む量も少なめで効果を得る事が出来ます。

調製豆乳には糖分が加えられていたり、フレーバー付きの物も販売されているので、お好みで飲みやすいものを選びましょう。
 

  豆乳ダイエットのメリット

ダイエット効果だけで無く、美容にも健康にも良い。

外出中でも手軽に実行できる。
 

豆乳ダイエットのデメリット

過剰摂取にならないように気を付ける必要がある。

婦人病治療を行っている場合には、大豆製品を避けるよう注意されることがあるので、その際には行えない。
 

スポンサーリンク