産後の体型戻し!産後だからって諦めないで骨盤矯正や骨盤体操でスリムボディに戻るコツ

女性にとって、妊娠・出産は人生において最も大変な仕事の1つになります。
妊娠の出産もとても喜ばしい事ではあります。しかし、女性にとって気をつけねばならない時期でもあるのです。

それが、産後の体型戻しです。

ですが、出産してからは
ちょっとした努力が、産後の体型を左右します。今日は、産後の体型の戻し方についてご紹介したいと思います。

産後の為に妊娠中からダイエットは必要?

妊娠中はどうしても体重は増えがちです。
医師からの指示された通りに体重を増やす事は悪いことではありません。
「妊娠中に体重が増えすぎたら・・戻すのが大変だから」っと言って、妊娠中にダイエットをする事はタブーです。あくまでも医師からの指導が入るまでは、お腹の赤ちゃんの為を思って、妊娠中の体重増加は仕方がないことと思うようにしてください。

勝負は、産後からなのです。

出産を終えたら、すぐに!骨盤を締めるベルトなどで骨盤を締めるのが効果的

まずは、出産したことによって、骨盤が開いた状態になっています。
もちろん、ある程度は自力で戻りますが、そこにさらに努力を加える事で、スリムボディになります。
産後すぐというのは、ある程度時間が経過してから骨盤の矯正を始めてしまうと、やはり戻りが悪くなります。
産後スグの状態から対策を打つことで、戻りが早くなるという訳です。

少々不快な気分にはなるかもしれませんが、今まで履けていたボトムスが履けなくなるという悲劇になる前に、少々我慢してみてもいいのではないでしょうか。

退院後もできる限り母乳育児を

これは、生活環境によって出来る方とできない方に別れるかと思いますが、母乳育児の方が産後のダイエットに成功しやすいという傾向があります。もちろん、暴食していれば意味がありませんが、普通に食事をしていて、母乳育児をすれば、自然と痩せていきます。
「気がついたら、産前の体重に戻った・・・」と言う方も少なくはありません。

ある程度育児になれたら、骨盤矯正や骨盤体操へ

骨盤はもともとずれやすくなっています。それは、出産するためにそのようになっているとも言われています。
ですから、出産する・しないかかわらず、骨盤がずれている可能性があるのです。
産後は様々な疲れもあります。特に初産の方ならなおさらでしょう。
ですから、産後、いくら独自で骨盤の矯正をしていたとしても、うまく対応しきれていない可能性もあるのです。
ですから、ある程度育児になれたら、気分転換も含めて、整体で骨盤矯正をしてみたり、産院やその他の場所などで開催されている、骨盤体操などに参加される事をおすすめします。

最後に・・・

出産は、とても大変な物です。
女性は、産後すぐから育児が始まり、とても大変です。

ですが、ある程度育児が落ち着いてきたら、やっぱりおしゃれをしたいと思うはず。
そんな時にお気に入りだったボトムスがはけないとなれば、やはり女性として辛いと思います。
ですから、産後大変な時期ではありますが、数ヵ月後の自分を見据えて、ほんの少し努力をしてみる事が重要です。

おしゃれで素敵なママになってくださいね。