妊娠したらダイエットを考える!妊娠中から産後ダイエットを意識しよう!

産後ママは誰だって痩せたい

出産を終えたママはすぐにでも痩せたいと思うはずです。
ここでは、妊娠中から産後痩せやすくするための方法の一例を簡単にですが、まとめさせて頂きます。

妊娠中の食事に気をつける

妊娠中のママの食事は、赤ちゃんのために大切なことです。
それは、ママにも言えることで、偏食などしていたら、体重が増えることは必死。
体重が増えれば増えるほど、産後、減らさなければいけない体重は大きくなります。

毎日、決まった時間に体重を計って、自分が食べた食事をチェックしていると、特定の食事を摂った次の日に著しく体重が増えているのがわかってくると思います。
チェックをしていくのには時間はかかると思います。血液型別ダイエットなどを読んでみると、A型の人にバナナは太りやすい、など書かれていますので、参考にしてみるのも良いと思います。
あと、医者から聞いたことですが、乳製品が好きな人は丸くなりやすい傾向にあるようです。

意外な「つわり期」

つわり時期、というのも、体重に関して意外と気にするべき時期です。
食べたい時に食べる、ということを本で目にします。もちろん大切なことです。
ただ、頭の片隅にでも入れておいてほしいことがあります。

それは、つわり時期に増えた体重は、減りにくい、ということです。
つわり、というもの自体がアレルギー反応と言われたり、自律神経の乱れと言われたり、今だにメカニズムがよくわかっていないのですが、まあどちらにしても、赤ちゃんは豆つぶ程度に小さいのに、栄養が過剰にいくわけがないのです。
余計な体重増加は、産後に響く、というワケです。
安定期になってくると、赤ちゃんは急激に成長しますので、段々栄養が必要になるワケで…。
そのため、多少の分なら体重は元に戻るのです。

やはり大切、骨盤の引き締め

実は骨盤の調整は妊娠中からした方が良いと言われています。
骨盤が安定していると、妊娠中の腰痛や恥骨痛にもなりにくく、産後ダイエットの助けにもなり、何より、赤ちゃんが安心して成長できる環境になるからです。
病院によってはトコちゃんベルトをすすめられると思いますが、妊娠中にでも治療をしてくれる整骨院に相談し、自分の状態を見てもらって骨盤を引き締めてもらうのが個人的には一番良い方法だと思います。

産後ダイエット成功の23手順・方法