野菜スープダイエット効果方法
野菜スープダイエットとは

野菜スープダイエットは、野菜スープと日替わりの決まった食べ物を食べる生活を七日間続けることで減量する一種のプログラムダイエットであり、七日間脂肪燃焼ダイエットとも呼ばれている方法です。

野菜を煮込んで基本のスープを作っておき、このスープについてはいつでも好きなだけ飲んで良い、それ以外の食べ物は決まった物だけで過ごす、というルールに沿って生活します。

 野菜スープダイエットの方法

基本の野菜スープの材料はキャベツ半分、タマネギ三個、ピーマン一個、セロリ一本、ブイヨンキューブ一個、ホールトマト一缶。野菜を食べやすい大きさに切っと鍋に入れ、トマト缶とブイヨンキューブを加えて全体が浸る程度の水で煮込みます。

仕上げに塩こしょうやハーブ類、スパイスなどでお好みに味付けを施します。

このスープの他に食べて良い物は、一日目から順にバナナ以外のフルーツ、豆とコーン以外の野菜+夕食にベイクドポテト、フルーツと野菜(ポテト不可)、バナナ三本スキムミルク500ml、豚肉・煮魚・皮を除いた鶏肉を700gまでとトマト六個以内、野菜・玄米・100パーセントフルーツジュース、となっています。

おなかがすいてしまった時には、用意しておいた野菜スープをいつでも食べて良いというルールなので、それほど空腹となることは無いと考えられますし、1週間と短期間で終了する手軽さもあって、ある程度人気のある方法ですが、このプログラムを連続して行わないように、一回で完結すると考えて下さい。

短期決戦型のダイエットであるため、栄養バランスはあまり良くない構成になっています。

無理の無い範囲で取り組むようにしましょう。

野菜スープダイエットのメリット

短期間である程度の結果を出すことができる。

スープはいつでも食べられるので、空腹感が少なめ。

野菜スープダイエットのデメリット

栄養バランスが良くなく、タンパク質不足になりやすい。筋肉量がおちる可能性が高い。

用意するものが多く面倒。

関連コラム

食べてみてみるみる痩せるから!?簡単ダイエットスープレシピ7連発!

スポンサーリンク