話題の酵素ダイエット!見極めが肝心、自分にあった選び方

最近、非常に流行になっているのが、酵素ドリンクを使ったファスティングダイエットです。

各会社が様々な製品を販売しており、使用者の間でも効果が出たと評判になっています。

しかし、実はこの酵素ドリンク、本当にダイエット効果が出ているかどうかはかなり不可解なところがあるのです。

酵素とは、

もともと生物の体の中に存在して、消化や排泄、代謝を助ける働きをする物質です。

しかし、30代に入った頃からどんどん減少していくことと、忙しい現代人の不規則な食生活や油分の多い食事によって、私達は慢性的な酵素不足にあるといえます。酵素を外部から取り入れることで代謝を初めとするからだのサイクルが正常になり、結果的にダイエットにつながるのです。

この酵素を手軽に取り入れる方法として話題を呼んだのが酵素ドリンクです。

酵素ドリンクを使ったファスティングダイエットの方法は、1日のうちの1食から2食、あるいは1週間のうち1~2日の食事を酵素ドリンクと水、フレッシュジュース、具無しのお味噌汁など水分に置き換えて、酵素を補うと共に摂取カロリーを減らすというものです。実際に効果が現れたという人も多く、短期間で痩せられると言われています。

一方で、酵素は熱に非常に弱いという特徴を持っています。

40度を超えるとほとんどの酵素が死んでしまい、本来の働きをなくしてしまいます。それが酵素ドリンクにどう関係するかというと、その提供方法にあります。

酵素ドリンクはビン入りで販売されていますが、食品衛生法で「ビン入りの飲料を販売する際には65度以上加熱すること」が定められているのです。つまり、酵素ドリンクの中の酵素は生存不可能な熱にさらされており、ビンの中で生き残っているとは考えにくいのです。たとえ生きていたとしても、酵素は胃酸にも弱いため体内で正常に働くことのできる酵素はごくごくわずかな数になるでしょう。

酵素とは無関係で痩せている可能性も

酵素ドリンクのファスティングダイエットは、酵素の働きに関係なく、ただ食事を低カロリーのものに置き換えたことによる摂取カロリーの大幅な減少が体重に影響したと考えるのが正しいのではないでしょうか。

また、酵素ドリンクを扱うサイトには必ずと言っていいほど「酵素ドリンクを繰り返すと効果が現れやすくなります」と記載がありますが、これも一時的な断食による体重減少、つまり「やつれ」を「ダイエット」と言い換えて、何度も繰り返させることによりリバウンドを分かりにくくしていることが考えられます。

このように、酵素ドリンクには数々の疑問点が残っています。
メーカー側に問い合わせても恐らく体のいい説明しかしてくれないでしょうし、

酵素ドリンクを利用しようと考えている人はまず自分でしっかりと調べて本当に効果があるかどうか判断してから購入するようにしてください。

スポンサーリンク