筋肉を育てる、筋肉を育てる、ダイエットの真髄は2種類の運動

ダイエットに必要なものでもっとも大切な物は運動。
しかし、間違った運動方法は逆に体重を増やしてしまう結果になることも。
今回は正しい運動方法とタイミングを紹介します。

2種類の運動を使い分けよう

ダイエットに有効な運動は実は2種類あり、それは有酸素運動と無酸素運動。有酸素運動はウォーキングやジョギングなどのゆったり長時間行う運動。無酸素運動は筋トレや短距離走など比較的呼吸を止めて瞬発的に行う運動です。
これらの運動にはそれぞれ特性があり、適したタイミングがあります。この適切なタイミングで適切な運動を行うことがダイエットにとって重要なのです。

脂肪を燃やす有酸素運動

有酸素運動は、ウォーキングやゆったりとしたジョギング。またサイクリングや水泳も有酸素運動に適しています。これは体内の脂肪を燃焼される働きがあり、蓄積された脂肪を減らすことができます。
しかし、脂肪を燃焼するのは体内に糖分などのエネルギーが枯渇したときに行われますので、食後などに行っても効率よく脂肪を燃焼されることができません。よく食後の運動と言って歩いたりする人もいますが、もちろん無駄ではないにしても食べた物をただ消費してるにすぎない為、下手をすればすぐお腹が空いてしまい間食に走ってしまうなんて事もあります。
ですから有酸素運動のもっとも適したタイミングは食前が効果的です。

筋肉を育てる無酸素運動

実はダイエットは脂肪はもちろん減少しますが同時に筋肉も減ってしまいます。筋肉が減ってしまうと基礎代謝が減り、太りやすい体質になってしまいます。
ですからこの筋肉を育てる無酸素運動が大切になって来ます。ダイエット中は筋肉の増加は難しいのですが、維持する事は可能ですので無酸素運動を行い筋肉の減少を防ぎましょう。
そうする事によってダイエットを終えた後でもリバウンドしにくく、なおかつ基礎代謝が増え痩せやすい身体を作ることができます。
しかし、無酸素運動は体内にあるエネルギーが枯渇した状態では筋肉自身を分解してしまいます。
つまり、鍛えているのに逆に減らしている状態に。筋肉が減少しているわけですから太りやすくなってしまいます。ですから、無酸素運動は食後にすこし時間をあけてからが最も適していると言えます。

ダイエットは辛く大変なものです。
だからこそ失敗せずに確実に痩せるためにもこの2つの運動をしっかりと区別し、適切なタイミングで行いましょう。