わかっていても続かない…体重減からスタイルアップまでokのウォーキングを攻略するコツ

「ウォーキングがダイエットにいい」ということは有名です。そのため挑戦してみたはいいけれど、思うように効果が出なくてやめてしまった、という方も多いのではないでしょうか。

けれどもウォーキングは、本当に続ければ続けるほど確実に効果の出る、素晴らしいエクササイズ。効果が出ないという方は、トライの仕方に問題があるケースがほとんどです。

ここでは、ウォーキングが続かない原因と対策をまとめてみました。

20分以上歩かなければいけないと思っている

脂肪を燃焼させる有酸素運動としての考え方からそうなっているのではと思いますが、普段の生活で20分ただ歩く時間を確保するのはなかなか難しいはず。
まずはあまり時間にこだわらずにはじめてみましょう。

いつもバスを使っているところを一停分歩く、エスカレーターではなく階段を使う、といったくらいでも大丈夫。1日のうちに歩く機会を増やしていくだけで、確実に代謝はアップします。

歩くだけでは部分やせは無理なので他にエクササイズもしなくてはならない

そんなことはありません。ウォーキングは全身運動でありながら、各所の筋肉トレーニングにもなる優秀なエクササイズ。歩くだけで理想の体型に近づきます。

具体的には、気になる部分を「長く伸ばすように」イメージして歩いてみましょう。太ももなら内もものラインを、二の腕なら脇の下から肘のラインを、ウエストなら脇腹を常に長く保つようにして歩きます。

同じ方法で、胸を高くふっくらと保つようにしながら歩くと、バストアップトレーニングにもなりますよ。

スニーカーをはかなければならない

靴の傷みや歩きやすさを考えればスニーカーなどフラットなシューズをはくにこしたことはありませんが、普段ヒールの靴をはいているという方にとっては、靴をはきかえなければできないとなると、ハードルが一気に上がってしまいます。

前出のように、ウォーキングは必ずしも長時間行なう必要はありません。踵の高い靴をはいている時には、距離や時間は無理をせず、とことん綺麗に歩くようにしてみてください。膝をのばして踵から着地するようにすると、ヒール着用なら数歩で筋肉にきいてくるのがわかるのではないでしょうか。

いかがでしたか?5分からでもはじめられるダイエットウォーキング、毎日の積み重ねで確実に身体が変わりますよ。

スポンサーリンク