インディバで身体の深部をラクラク温めて、健康な美しい体に

冷えは女性にとっては大敵です。とはいっても、暑い夏を乗り切るために、ついつい冷房温度を下げ、冷たいものを口にし、身体の温度を必要以上に下げてしまうものです。実はこれは自ら不調をみずから作っているようなものです。

インディバ(INDIBA)とは、高周波温熱機器のことです。

名前くらい聞いたことあるかたが多いのではないでしょうか。電磁波のエネルギーを使って体の奥を暖める機器のことです。

電磁波というと、なにやら身体に悪いイメージがあるのですが、この機械は安全性が確認されており世界中で利用されています。日本では美容機器としてのイメージが強いですが、海外では医療機器として使用されることが多いです。

基礎代謝を上げる

基礎体温を上げれば、代謝が活発になり痩せやすい身体になる、なんて話を良く耳にしますが、人間は筋肉を使って体を動かしていますので、筋肉量を増やすことが必要となってきます。
スポーツ選手の身体づくりを見てみるとわかりやすいですよね、適切なトレーニングで筋肉を使い、たんぱく質を摂取して、適切に休みをとることで、筋肉を増やし脂肪を燃焼させています。

温めてくれる

インディバは、このトレーニングの最初の部分、筋肉や身体の深部を温めることを担ってくれる機械です。お風呂に入ると身体はぽかぽかしますが、実は身体の芯が冷え切っている人はお風呂に入った程度ではなかなか温まらないのです。そしてこの“深部を温める”ことによってからだの不調を改善する方向へと向かわせてくれるのです。

その他効果

インディバによって得られる効果は人によって様々ではありますが、足のつかれ、むくみの緩和・ひきしめ・脂肪燃焼の促進・しわ、シミの解消・セルライトの解消など。子宮筋腫の緩和に、という理由でインディバをすすめられた人がウエストのサイズダウンをした話などもよく聞きます。

だたし、どこかのサロンへ通われた方なら、もう経験ずみとはおもいますが、施術する方の経験や技術によって効果が異なります。

また、サロンでも注意されますが、インディバを施術したあとの身体はとても吸収が良くなっています。

気分がいいから、とビールをぐっと、や、ちょっとアイスをなんて、美味しいものを口にすると、普段よりずっと吸収されてしまいますのでご注意を。

スポンサーリンク