食事で痩せるためには!ダイエットを成功させる食事のコツ

ダイエットと女性は切っても切れないほど密な関係にある、そう行っても過言ではないほど身近であり頭を悩ませることだと言えます。

ほっそりとした二の腕や太もも、引きしまったウエストにハリのあるヒップは誰でも憧れるものですが、だからと言って食事を抜いたり偏った食事をしていては体の機能が衰えるだけでなく健康にも害を及ぼす可能性があります。

そこで、今回は日常に取り入れることができる、ダイエットの役に立つ食事テクニックをご紹介します。

(1)食べる時は必ず噛む回数を数えながら食べる

ただ食べる量を減らすだけでは空腹感を感じてしまうのは当然のことです。そこで、食べる時に25~30回程度噛んでから飲みこむクセをつけます。1,2,3,4…と数えながら噛むことによって咀嚼に集中できますし「食べている」ということを脳が認識するので、満腹中枢が刺激されやすく、少ない食事量でも満腹感を得ることができます。

(2)どうしてもお腹が空いた…そんな時にはスープや炭酸水がおすすめ

ちょっと小腹が空いてお菓子をつまんでしまう、これはダイエット中の大敵とも言える行動です。それでも空腹感を感じる時は春雨スープや炭酸水をのむことをおすすめします。これらは腹もちが良い上にカロリーが低いので、ダイエットの妨げにはならないのです。

(3)おかずは一品多めにつくる

同じものを食べるより、複数のものを食べる方が満足感と満腹感を得ることができる、これはあまり知られていないことですが、非常に重要なポイントです。丼物などを食べるのではなく、ごはんにお味噌汁、おかず3品の方が栄養バランスも良く、ダイエットにも向いているのです。

(4)揚げ物・お肉も積極的に食べる

敬遠されがちな揚げ物やお肉ですが、脂分や動物性たんぱく質は体にとって必要な栄養素でもあります。これらが不足すると肌が荒れたり疲れやすくなってしまいます。

食べ過ぎないよう、量に注意して、週に1,2回はこうした揚げ物やお肉を食べて自分へのご褒美とすると、ダイエットのモチベーションアップにもつながります。

食事は体をつくるものですから、ダイエット中であっても質の良い物を体に取り入れる必要があります。

こうした工夫だけでダイエット中でも良質な食事をとることができるのです。