パンパンのふくらはぎを細くしたい!地道にほっそりさせる方法

脚を見せたいけど見せられない…だって、ふくらはぎが太いから…。何をやっても細くならないふくらはぎのために、とっておきのダイエットを方法をここでご紹介したいと思います。

まずは、むくみに着目しよう!

あなたのふくらはぎは太っているのではなく、むくんでいるということも充分に考えられます。それを知るためにはまず、ふくらはぎのサイズを朝と夜にはかってみることですね。
朝と夜のサイズが違えば、むくんでいると言えます。それならば、今後脂肪をふくらはぎにつきにくくするためにも、むくみ防止対策をしていくようにしましょう。

むくみ防止のためには、何よりもまず塩分を控えめにすることです。普段から塩分が多い食事ではないか見直してみる必要がありますね。
そして、カリウムを摂るようにしましょう。おすすめなのはアボガドです。アボガドにはカリウムが沢山含まれている上にビタミンも豊富です。ほかにはバナナですね。朝にバナナを食べるなど工夫するとその日のむくみもましになります。

バスタイムのマッサージで効果アップ!

その日の疲れはその日のうちにの精神でバスタイムにはふくらはぎをマッサージするようにしましょう。バスタイムは美容生活を送る女子にとって大切なポイントにもなります。バスタイムの内容によって美しさも変わって来ます。

湯船に浸かっている時にふくらはぎをマッサージしましょう。あまり難しい方法ですと続かないので、ここはマッサージブラシを活用しましょう。
シリコンで作られたボディ用マッサージブラシでふくらはぎをマッサージしてリンパの流れを促進することで老廃物も排出されてほっそりしたふくらはぎになります。

つま先立ちで筋力をつけよう!

普段立っている時に気がついた時でいいので軽くつま先立ちをする習慣を身につけましょう。筋力をアップすることでむくみにくく、老廃物がたまりにくいふくらはぎに変えて行くことが出来ます。

そうなると、脂肪もつきにくくなりますので、スラッとしたふくらはぎも夢ではないという話になって来ます。
積極的につま先立ちをして緊張感のある美しいラインを手に入れたいものですね。

いかがでしたか?ふくらはぎは意外に男子にはチェックされている部位でもあります。諦めず根気よく実践を続けることがポイントです。地道に頑張りましょう。