同じ動作を繰り返すと筋肉に硬くながり、むくみにつながる?ストレッチの必要性

ダイエットのために運動を生活に取り入れる方は多いです。運動は確かにダイエットに有用で、不要な脂肪を燃焼させますが、意外な落とし穴があります。

同じ動作を繰り返すと筋肉に硬くなる

人の身体は筋肉を収縮と弛緩を繰り返すことによって実現されていますが、筋肉が硬直状態に陥ると身体から柔軟性が失われます。平易に言えば、「身体が硬い」という状態です。

これは、同じ動作で負荷がかかることによって生じます。ジョギングやウォーキングはダイエットのためによく取り入れられる運動ですが、同じ動作を繰り返しています。同じ動作は筋肉に負荷がかかり、その状態のまま硬くなり弾力を失っていきます。

硬くなった筋肉は

弾力を失い硬くなった筋肉は、血管やリンパ管を圧迫してその部分に老廃物が停滞します。血管は、栄養物を組織に運び、不要な老廃物を回収する役割を担っています。

筋肉部の血管が圧迫されると、その部分に溜まった老廃物、疲労物質がいつまでも回収されません。またリンパ管が滞ると浮腫みにつながってしまいます。

ストレッチの有用性

せっかくの運動ですから、運動後にいつまでも筋肉痛が続き、筋肉が硬直した状態になったらもったいない話です。運動後は必ずストレッチを行い、筋肉の柔軟性が保たれるようにしましょう。

ストレッチの注意点

必ず身体が温まっている状態で行うこと。また無理をしないことです。身体の柔軟性は人それぞれですので、優劣はありません。無理に筋肉を伸ばそうとすると怪我をします。また日々繰り返すと段々と柔軟性がついてきますので、焦らずに続けましょう。
そして、これが肝心ですが、ストレッチは必ず呼吸を止めないことです。息を止める状態=緊張状態ですので、筋肉が緊張します。これも怪我の元ですので、必ず息をしながら行いましょう。

運動しているから安心と思っていたら、いつの間にか筋肉が硬くなり身体の可動域が狭くなっていた。ということがないように、ストレッチを取り入れましょう。
それは長期にダイエットを試みる方は留意しなければいけない点です。

スポンサーリンク