今すぐできるキュッとしまった足首を作る3つの方法

ダイエットに成功したけれど、イマイチ効果が感じられない部分と言えば・・・?

正解は足首。

食事制限などではなかなかキュッとしまったカッコいい足首はゲットできません。
しかし意外にも簡単な心掛けで、美しい足首を手に入れる事が出来るんです!

使わないなら使ってしまおう足首を

普段何気なく生活をしていると、足首ってなかなか使わないんです。
人間はたいてい「座っている」「立っている」「歩いている」のどれかですが、この中で足首を使うのは・・・「歩いている」時だけですね。

座っている時は言わずもがな、立っている時は体重を支えこそすれ、動かしたりはしません。

唯一足首を動かす機会である「歩く」ことでも、足裏全面でパタパタ歩いたのでは意味がありません。足首をしっかり使って歩きましょう。

まず足はカカトから付け、親指で地面をしっかり蹴ります。足裏を順番に地面につけるイメージ。しっかり足首を動かすんです。

そして座っている時でも足首を動かしましょう。
足裏を床につけた状態からカカトを上げ下げする、それから足首を回すのも効果的。
しばらく座りっぱなしだな、と思ったらやってみましょう。

立っている時もカカトの上げ下げや、つま先をぴんと伸ばしたり上向きにしたりして足首を動かします。
とにかく動かさない事には細くならないのです。

マッサージを丁寧に

動かした後にする事と言えば「マッサージ」ですね。
マッサージは老廃物を排出する面から言っても、血流を良くする面から言っても非常に効果が高いのです。

まずくるぶしの後ろ、アキレス腱の前あたりを揉みます。
それから足の甲を、指の方からくるぶしの方にかけて、流すイメージでマッサージ。
そしてまた、くるぶしのあたりをマッサージして下さい。
要らないものをすべて押し出してしまいましょう。

むくみを取る

足にとって最大の敵は「むくみ」です。
これを撃退できれば、ほとんどの女性は美脚になれるでしょう。

むくみを取るために大切なのは筋肉を使う事。これは先ほども言いましたが、足首をなるべく使う事で解決できます。それからマッサージも大切ですね。

そして最後は自分にあった水分量を守るという事。
たしかに水分の摂取は大切な事ですが、摂りすぎてしまうと排出が追いつきません。
水分を取る時は「ゆっくり」「こまめに」飲むようにしましょう。
だいたい朝からお昼までで500mlを摂取するのが目安です。

どうですか?どれもすぐに出来る簡単な事ばかりですよね。
足首がキュッと締まっていると、足は全体的にカッコよく見えます。
これでブーツを脱いでも「しまった!」とならずに済みますよ!

スポンサーリンク