-1キロから-10キロまで減量可能、確実なダイエット結果を出したい方必見!

「ダイエット」これはある日気がつけば女子の永遠のテーマになっていますよね。ありとあらゆるダイエットを試しては戻り、戻っては別のダイエットを試し、もうそろそろうんざりしている方もおられるのではないでしょうか。そこでご紹介する方法がレコーディングです。この方法では、-1キロから-10キロまで減量の幅は簡単にいってしまうと「継続期間次第」です。では詳しく見ていきましょう。

レコーディングダイエット基本的なやり方は?

まずは、どのようにこのダイエットをすすめていくのかをご説明します。この「レコーディングダイエット」は簡単に申し上げますと、ご自身が口にしたものを全て書き出していくダイエットです。必要なものはノート、これだけです。無地でも大学ノートのように罫線が引いてあるものでも何でも構いません。

使い方としては1日1ページ使っていきます。まず1ページの上部に月日と何日目かを記入します。例えば1月1日に始めたとすると「1月1日 1日目」という具合です。それが記入出来たら、ページを縦線で3分割します。このとき真中が左右に比べて広めになるように分割してください。これで準備完了です。

あとは1日の間に食べた物、飲んだものを全て書き出してください。ジュース1杯、飴1粒でも書いてください。この目的はご自身が1日でどれだけの量を食べているのか視覚的に知るため、そして無意識の間食を意識するためです。先ほど用意した3分割の一番左のスペースに食べた時間、真中に何を食べたか、右端に各食品のカロリーを書き出します。真中に書く際はできるだけ具体的に書くようにしましょう。

例えば、焼き魚定食を食べた場合は「焼き魚定食」と書くのではなく、「焼き魚、味噌汁、ご飯、おひたし、おつけもの」といった具合に書きます。1日の終わりに総カロリーを計算し、一番右下に記入します。成人でだいたい2000キロカロリーが平均値と言われていますので、もし2500キロカロリー摂取していたならば、どこかで500キロカロリー減らすようにします。

体重はどうすれば減っていくのか?

まず念頭において頂きたいのが、これはダイエットであるということ。「健康に」痩せなければ元も子もありません。そのため、1日の栄養バランスというものを何よりも重視してください。そしてこのレコーディングダイエットは、はっきり申し上げますと即効性のあるものではありません。半年や1年かけて長期的にだんだん体重を落としていくものであり、焦りは禁物です。

では、次に体重の減らし方についてです。2000キロカロリーは一般的な成人が健康的に過ごすために摂取すべきカロリーであるのでここから少し落としたカロリー摂取を行えば自然と体重は減っていきます。

まずは1700キロカロリーそこから徐々に減らして1500キロカロリーくらいまで持っていくと次第に体重を落としていくことができます。注意すべきは摂取カロリーを減らしすぎないということです。

前日食べ過ぎた日などは除きますが、1200キロカロリーを下回らないようにしてください。それ以下は食べなさすぎです。
考えてみてください。1日1200キロカロリーだと1食400キロカロリーです。しっかり主食、主菜、副菜をとるとだいたい1食で400キロカロリーになります。栄養をとりつつ体重を減らすのだとい言うことを忘れないでくださいね。

いかがでしょうか。最初は慣れるまで「面倒だな」と思うことがあるはずです。それでもなんとか継続するうちに生活の一部となってきます。是非一度自分自身の食生活を知るという意味も込めてお試しください。