下半身太り、血行不良とむくみが最大原因!エクササイズでモデル脚!

食事管理で痩せても下半身は痩せてくれないことが多いですよね。
やせにくい下半身の中でもひざ下にポイントをあてたダイエット方法をご紹介します。

ふくらはぎをほぐすことから始める

ふくらはぎが硬くなっている人は、そのままでは細くすることができません。セルライトなどで凝り固まってしまったふくらはぎを毎日ほぐすことから始めましょう。

まずは毎日入浴をし、下半身浴をしながらふくらはぎを揉みほぐします。両手を使って皮をねじるようにしたり、セルライトを潰すようにマッサージしたら足首から太ももの付け根まで側面をなで上げます。これは力を入れすぎても、弱すぎても効果がでませんので注意しましょう。入浴中以外でもマッサージすることは効果的ですので、暇を見つけてマッサージ時間を増やすといいです。

簡単エクササイズを取り入れる

ふくらはぎをほぐしながら、エクササイズでふくらはぎを引き締めます。
まず普段の生活に取り入れられる、つま先立ちから始めましょう。爪先立ちでデスクワークをこなし、食事中も椅子ならつま先立ちです。爪先立ちで階段を上り、料理中や洗い物・洗濯物を干しているときなどにはつま先立ちをしては元に戻すの繰り返しです。このとき足よりもお腹に力を入れて動作することで、無駄に筋肉がつくことのを予防します。

本格エクササイズでモデル脚に

日常生活にエクササイズを取り入れて慣れてきたら、休みの日にスクワットを取り入れてみましょう。スクワットは下半身全体を引き締めてくれます。また、スクワットを取り入れることで有酸素運動ができるので、代謝がアップします。

下半身太りの原因は、運動不足による血行不良とむくみが最大原因です。スクワットは下半身を使うことで血行促進に繋がりますし、代謝アップで体重のダウンにも繋がってくれますよ。

むくみが原因である下半身太りの人は、毎日の半身浴でのマッサージは欠かさずに行いましょう。むくみを翌日に残してしまうことで、セルライト生成の原因になってしまうのです。