体に対してコンプレックスを感じている人必見!食べ方で変わる体型!

ダイエット、それは女性なら誰しも行ったことがあるのではないでしょうか。
特に女性は男性より、体に対してコンプレックスを感じている人が多く、
ダイエットは女性にとって、半永久的な悩みとも言えそうです。

では実際に、どのようにしていけばいいのでしょうか。

1 カロリーを減らす

ダイエットというと、真っ先に思い浮かぶのが、カロリーを減らすことではないでしょうか。
確かに、食べなければ体重は落ちます。
ですが、ただ食べないというのは、はっきり言ってお勧め出来ません。

確かに、全く食べなければ、短期間で体重は減ります。ですが、それと同時に筋肉量も減ってしまうのです。
筋肉は体の脂肪を燃やす働きがあるので、その役割を担う筋肉が減ってしまうと、代謝が悪くなり、
少し食べただけでもすぐに脂肪がつく体になってしまいます。
もしカロリーを減らした食事をしたいのなら、低カロリー高タンパクな食事メニューを考える必要があります。
ですが、忙しい毎日の中で、なかなかそこまで考えられないと思います。

2 ダイエット献立を考えるより簡単

そこで重要になってくるのが、「食べる順番」です。ずばり、体の血糖値を緩やかに上昇させるのです。
この順番を守るだけで、ダイエットの献立を毎日考える煩わしさから解放されるのです。
この方法は、ダイエットだけでなく、糖尿病の方、妊娠中の方にも効果があります。では、どのようにして行うのでしょうか。

3 メインは最後に

その順番とは、副菜→汁物→主菜→ご飯の順です。
食べ方は子供の頃に教わった三角食べではなく、副菜を全部食べ終わってから、次の汁物を飲み干す、そして次、というようにします。
食べ物を食べると血糖値が上昇します。
ですが、この時に、ご飯等のように、糖質の高い物から急激に胃を刺激すると、血糖値が急上昇し、脂肪が溜まりやすくなってしまうのです。
先に糖質の低い物から食べることで、糖質の高い物の吸収を和らげます。
結果、食事の内容を変えずとも、体重が少しずつ減少していくのです。

最後に、人は自分が思っている程、体型のことなど気にしていません。
太っていると思っているのは、自分だけのことが多いです。
ですから、気にしすぎないということも重要になって来ると思います。
それでもやはりダイエットしたいのならば、短期間で成功させようとは思わず、是非長期間でゆっくり挑戦してください。
時には休息も必要です。

1キロ減ったらご褒美にケーキを食べるなど、自分をゆっくり励ましながら行ってください。