みんなこっそり履いている!スリムなママはみんな産前から骨盤ベルトをしていた!

約十ヶ月の、楽しくも大変だった妊婦生活が終わると、いよいよ新米ママとしての生活が始まります。
朝・昼・晩と、時間をお構いなしに泣く赤ちゃんとの生活は、産後のママにとってはかなり過酷なものです。
貧血と寝不足にふらふらになりながら授乳をし、おむつを換え、自分のことにかまっている時間は皆無になります。
自分の自由な時間などほとんど取れません。赤ちゃんがうとうとしたらようやくつかの間の休憩です。

心も身体も疲れていると、よく噛まずに丸呑みしてしまいます。
そしてそれがやがてストレスを解消する手段となってしまいます。
まだ産後で運動もできず、食べてばかりいる――いくら母乳を上げていても、これでは産後太り一直線です。

一ヶ月検診で他のママを見て、自分のたるんだ体と比較して落ち込む人も多いのではないでしょうか。
子供を産んだとは思えない、スリムな服をおしゃれに着こなしたママが沢山います。
この違いはどこから生まれたのでしょうか。

実は、そんなスリムなママたちがたった一つだけしていたことがあります。
それは、骨盤ベルトの着用です。
骨盤ベルトを使用するタイミングさえ間違わなければ、産後するすると体重が落ちます。

骨盤をケアするのは妊娠中から

妊娠中に急に体重が増えて、足の付け根が痛くなったり、腰痛でつらい思いをしたことがある人は多いのではないでしょうか。
妊娠中から使用できる骨盤ベルトがありますので使用しましょう。
大きくなったお腹を圧迫しない作りになっていますので安心です。
妊娠中から骨盤をゆがませないことがなにより大切です。

産後すぐに骨盤をしめよう

さあ、いよいよ出産。赤ちゃんとの嬉しいご対面です。感動と興奮の中にいることでしょう。
これからの責任の重さを痛感し、母としての自覚が出てきますね。
そんな時でも、どうか「女」としての自分を忘れずにいることを心がけましょう。
産後直ぐに骨盤をしめることで、体型の戻りが早くなりますよ。

骨盤ベルトを毎日の習慣にしよう

朝起きたら、まず骨盤をしめましょう。これを毎日の日課にします。
すると、背筋が伸びて、腰痛知らずな体になっていくことを実感できます。
産前よりも体が軽くなったと実感することもあるでしょう。
産後は、今までゆがんでいた身体を矯正するにもうってつけの時期だといわれています。

いかがでしたか?骨盤ベルトだけでスリムになるなんて手軽ですよね。
より健康な素敵なママを目指して頑張っていきましょう。