ヒールで足を細くするならば歩き方を変える?二の腕はカバンの持ち方で変わる?効果あるあるテク!

体系は人それぞれ、同じ体重でも脂肪のつき方は異なります。
さほど体重は無いのに足だけ太いから細くしたいとか、手首は細いのに二の腕は太いとか悩みは尽きませんよね。
部分痩せに効果的なのが「筋トレ」です。
筋トレと言ってもストイックにやる必要はありません、今日はそんな部分痩せに効果的な取り入れやすいポイントをご紹介しましょう。

ヒールで歩けば逆に太くなる!?

部分痩せでどこが一番細くしたいかと聞くとふくらはぎを細くしたいという女性がとても多いです。
そのために毎日ヒールで歩くとか、週に1回は5センチ以上のヒールを履くようにしているとよく耳にします。
しかし、ヒールが逆に太くしてしまう原因になっていることがあります。
ヒールを履くと知らない間に前のめりになってしまいふくらはぎの外側に体重がかかります。
そうなることでふくらはぎの筋肉が外側に張り出してしまい太く見えてしまうという結果に陥ります。

ヒールで足を細くするならば、歩き方を変えてください。

大げさに言えば後ろに体重を置き、太ももの付け根から動かすように、膝から下は力を抜いてふくらはぎを使わないようにして歩くことでモデルのようなカモシカ脚が手に入ります。
大切なのは太ももとお尻の筋肉を使って歩くということです。
ここを鍛えることでふくらはぎに余分な筋肉がつくことなく細くなれちゃいますよ。

二の腕はカバンの持ち方で太くも細くも

二の腕を細くするのに重要なのが裏側の筋肉です。
普段ほとんど使われることが無いのでここがどうしてももたついてしまって太く見えてしまいます。
女性によく見られるカバンの持ち方、腕にカバンを引っ掛けて持つ持ち方です。
これは一番ダメです!後ろ側は全く使われることが無いからです。

し腕に引っ掛けて肘を曲げるという持ち方をするならば手のひらをグーの形にして手の甲を上に向けた状態にしてみてください、もたついている上腕三頭筋肉に力が入ってギュッと引き締まる感覚が分かるはずです。

さぁ一番気になる2点を重点的にお話しましたが、日ごろのちょっとした行いで部分痩せは可能です。
重要なのは筋肉、引き締まった海外のモデルを想像してみてください、彼女たちは筋肉質ですよね。
ちょっとだけ筋肉の使い方を心がけるだけでずいぶん変わってきますから、先ずは1ヶ月、歩き方とカバンの持ち方だけ変えてみてください。
細くて綺麗なふくらはぎと二の腕が待っていますよ。