ダイエットのための有酸素運動の効果を高め脂肪燃焼率も高める方法、食品!

ダイエットに必要なのは、食事制限と有酸素運動です。
これらを有効に組み合わせることによって、体重を減少させるだけではなく筋力を維持する事が出来ます。
見た目も健康も良くなるためには工夫する事が必要です。

有酸素運動とは

有酸素運動とは、酸素を必要とする運動で、水泳やジョギングなどが該当します。
バーベルなどを持ち上げる俊撥都系の運動ではなく長時間行う事が出来るので、皮下脂肪をエネルギーとして使用します。
皮下脂肪をエネルギーとして使用するという事は、脂肪を燃焼させるという事です。例えば1時間のウオーキングで使用されるカロリー量は200キロカロリーとなっています。
これは体重で換算すると約30グラム程度です。

減量のために必要な運動量

減量を効果的に行うには、時間をかけて行ったほうがリバウンドが少ないと言われています。
1か月で1キログラムから2キログラム程度のスピードでの減少が健康的にも理想とされています。
1キログラムの減量に必要となるのは、一日に30グラム程度の減少が必要となります。つまり毎日1時間のウオーキングが必要という事です。

減量時の摂取カロリー量

もちろん運動だけで体重を減少させる事は出来ません。食事制限によって太らない程度のカロリーを摂取した上での運動が必要となります。
目安となる摂取カロリーは1600キロカロリー程度です。これは通常の食事の80パーセント程度に抑える事によって実現される数字となっています。

有酸素運動の効率を上げる食品

食事制限を行いながら毎日運動を行うのは、疲労が蓄積されます。
疲労をためない工夫が必要となります。
お酢には疲労回復の効果と脂肪を燃焼させる効果の両方の効果を期待する事が出来ます。
普段の食事に酢を取り入れる事によって、有酸素運動を行う時間を延ばす事が出来る上に、脂肪燃焼率も高めることが可能となります。
1日5分程度でも蓄積していくと大きな数字となります。少しの数字を蓄積させる事が大きな結果につながります。