ダイエット中、食事制限中、口寂しい時の対処法

現代社会の中でが、誰もが多くのストレスを受けています。
仕事をしている方は、業務の煩雑さや会社内の人間関係にストレスを感じているかもしれません。
主婦の方も、思うようにいかない子育てやたくさんの家事に追われ、自分の時間も取れず心が疲れているかもしれません。
学生の方も、スムーズにいかない就職活動、膨大なレポートの量、あるいは人間関係にストレスを感じている方も多いでしょう。

そんなストレスを感じている時、あるいは無意識にストレスを受けている時、ついつい何か食べたくなってしまいませんか。
そんなにお腹が空いているはずもないのに、なんだか口寂しくなって、ついつい食べてしまう。しかもなぜか甘いものや、しょっぱいもの、脂肪分の多いものを食べてしまう。日々の運動量が多い方は問題ありませんが、代謝量が普通程度の方がそうやって毎日高カロリーのものを間食していると、当然体重は増えていってしまいます。

間食してしまいたくなった時、なんだか口寂しい時、高カロリーのものを食べなくてすむ対策をご紹介します。

軽く体を動かす

軽く歩いたりストレッチをするだけで、ストレスによる口寂さや空腹感は軽減します。
少しハードに動けばさらにダイエット効果もあり一石二鳥です。

好きな事をして気を紛らわす

自分の好きなことに没頭すると、空腹感はいつの間にか消えてしまいます。趣味でも良いですし、誰かとお喋りをするというのでも良いでしょう。

飴やガムを食べる

飴やガムで実際に口を満たすと、唾液が出て空腹感はだいぶ落ち着きます。ただし、飴やガムを食べる際は、糖分過多にならないように気を付けましょう。ノンシュガーやゼロカロリーのものがおすすめです。

水分を摂取する

ストレスによる空腹感の場合、水分でお腹を満たすとそれだけで満足できることもあります。この際も、高カロリーの飲料を飲まず、水やお茶を摂取するようにしましょう。

間食してはいけないから、と無理に我慢するのでは、余計にストレスがかかり、心身に悪い影響を及ぼしてしまいます。
あまりストレスに感じずにセーブできる自分のやり方を身につけ、無駄な体重増加を回避しましょう!