サポニンとは

サポニンは、植物に多く見られる成分であり、苦みやえぐみ、渋味を感じさせるものです。

作用としては血管に付着したコレステロールの除去や、中性脂肪の分解、血栓の予防などを行う振る舞いが報告されています。

このため、健康に良い成分としてサプリメントに配合されることの多い物質です。

サポニンを自然な形で摂取する最も身近な手段としては、大豆及び大豆加工食品の摂取が良いとされ、肝機能障害の改善効果を期待する事もできます。脂質の吸収を緩やかにするとともに、分解を行うことも確認されていることから、肥満の改善や予防に役立つと考えられているのです。ダイエットに利用される機会が多いのは、こうした根拠があるということになります。

有毒性を持つことも多いサポニンですが、大豆に含まれる物に関しては安全性が高く、無毒という点でも、大豆由来のサポニンが良いとされています。

食用に利用する以外の方向としては、界面活性作用があり、石鹸が作られる以前に選択に利用されていたむくの皮の泡立ちも、サポニンの働きによるものです。
 

サポニンの利用方法

ダイエットや健康の為に使われるサポニンの多くは、大豆由来の成分です。

加工が簡単で毒性が無いため、生産量も多いのです。

ダイエットに利用する場合は、大豆食品を食べることの他にサプリメントでの摂取が簡単で良いでしょう。

長期的に継続して摂取を続ける事で、太りやすい体質を改善することにもつながるとされている成分なので、短期的な効果を期待するのではなく習慣として持続的に飲み続けるまたは、食べるようにするのがおすすめです。

即効性を期待するタイプのダイエットには向きませんが、体質を改善して脂肪を蓄積しにくくしてくれる成分です。
 

サポニンを使ったダイエットのメリット

腸組織を整え、体質を改善する。

食品からもとりやすい。
 

サポニンを使ったダイエットのデメリット

即効性は期待できない。