知らないことが恐ろしい!脂肪が落ちるメカニズム

体型が気になる季節がやってきて、 ダイエットに励んでらっしゃる女性の方も多いと思います。
しかしダイエットと言っても難しいもので、食事制限のみで 体重は痩せたけれど体型が変わらない、痩せて欲しいところが痩せない とお悩みの方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は夏まで痩せたい女性のために 体型を変える正しいダイエット方法をお教えしたいと思います。

本当に目を向けて欲しいのは体脂肪率です。

ます、基本的な知識として頭に入れておいてほしいのが、 体重ではなく、体脂肪率に目を向けてほしいということ。
日々の生活の中で動いたり、食事したり、排泄したりという行動を取ることで、私たちの体重はふえたり減ったりと変動しています。
ですから食事制限を行うことで体重はすぐに減るので、ダイエットへの意欲にもつながりますし、ダイエット成功の目安にはなります。

脂肪は体重のようにそう簡単には減らない

脂肪が減ることで体型に大きな変化が出てきますが、脂肪は体重のようにそう簡単には減らないのです。
脂肪1kgを消費するために必要なカロリーは約7200kcal。
例えで言いますと、一日の基礎代謝カロリーは成人女性で約1200kcalほど。
ジョギングを1時間行った時の消費カロリーは体重50kgの女性で250~400kcalほど。
水泳なら400~500kcalほどの消費量です。

脂肪1kgを落とすのがどれだけ大変か分かりますね?
脂肪は1日2日では落ちません。摂取カロリーよりも消費カロリーが上回るようにすれば
脂肪は徐々に燃焼されていきます。

基礎代謝カロリー分はきちんと摂取

ですが、忠告しておきたいのは基礎代謝カロリー分はきちんと摂取して欲しい
ということ。若い女性にありがちな過激な絶食ダイエットなどを行ってしまうと、
健康を害す上に、栄養を吸収しやすい身体になってしまいますので要注意です。

大事なのは、基礎代謝分のカロリーをしっかりとり、ダイエットする事。
日々の生活の中で適度な食事制限と適度な運動をして脂肪を燃焼させていくことが大事です。
そうやって徐々に痩せていくことで、理想の身体を手に入れることができるでしょう。
ダイエットは継続と忍耐。応援しています。