今でしょう!痩せたい思い立ったらラッキーデーと思って、即スタート!

「そろそろ春になるからなあ…」とか「夏が近いし薄着になる機会が増えるからなあ…」とか、自分の意志ではなく、まわりの環境によってダイエットを意識して始めようと思う方が多いのではないでしょうか。
ダイエットはある意味生活習慣を変えて、自分を厳しく律して生活していくことです。
だから、自分から「はじめよう」と思った時こそがチャンスと思い、ラッキーデーとしてダイエットをスタートさせませんか?

思い立ったがラッキーデー

「よしやせよう」と思ったら、もうその時からラッキーデー。
何も考えず、何も思わずにだらだら生活していることと、何かを意識することとは大違いです。
少なくともやせようを考えただけで貴女の意識は「やせモード」にチェンジしはじめる準備を整えようとします。
だから、意識することは身体が反応することに繋がりますから思い立った日がラッキーデーです。

義務感ではなく、「楽に」「気軽に」をモットーに

気張りすぎてダイエットを始めると、始めた当初はいいかもしれませんが、必ず息切れをして3日坊主…なんてことになりかねません。
だから、チカラを抜いて「楽に、気軽に」取りかかってみましょう。
あくまでも「ぜったいやせてやる!」ではなく「やせちゃおうかなあ」くらいの気持ちではじめる方がいいのです。

自分自身に、たったひとつだけできること、もしくは規制をかける

食べる量を減らす、運動をする、会社ではエレベーターは使わない、半身浴でたっぷり汗を流す…
ありとあらゆることにはじめから規制をかけて気合い充分なのはいいのですが、これもやはりだんだんと「一日くらいいいだろう」と甘えが出てきてしまい、そのうちダイエット自体も「またいつかはじめればいいか」なんてことになりがち。
だから、がんじがらめにするのではなく、ダイエットを始めてから2週間程度の期間は、自分にひとつだけ規制をかけることを心がけましょう。
例えば「夜は遅くとも23時には寝るようにする」とか「イスに座っている時は背もたれに寄っかからず背筋を伸ばして座る」といった、簡単にできるようなことをたったひとつだけ自分に課するのです。
それが苦にならなくなったらチャンスです。
次は自分にふたつ規制をかけるようにして、だんだんと生活リズムを整えていくのです。

記録は体重と体調だけで充分

一日の食事の記録に、起床時間に、体調に体脂肪に…となぜかダイエットを始めると同時に一日の記録をしなければならなくなる不思議が生じます。
一体ダイエットをはじめたのか、それとも一日の記録をはじめたのかわからなくなってしまいますよね。
ですから、ダイエットを始めたら、はじめは体重とその日の体調程度だけつけるようにしましょう。
つけることが面倒くさくなり、そのうちつけるのがイヤだから体重を計らない、食事の記録をつけるのが面倒だから同じものを繰り返し食べる…なんてことになったら本末転倒です。
ダイエットは記録をつけるためではなく、体重を落として健康になることです。
だから、細々した記録はつけ慣れてきてからで充分。
体重が落ち始めてきたら、自然と多くいろいろなことを書き残したくなりますから。

チカラを抜いて、気楽にゆるくダイエット。
はじめようと思った時がダイエットラッキーデーです。
楽しくダイエット、はじめてみませんか。

スポンサーリンク