骨盤のゆがみタイプは3種類!ダイエットの敵、骨盤のゆがみを意識してダイエット

ダイエット、部分やせは多くの女性を悩ませる永遠のテーマ。頑張ってるのになかなか結果がでないなんて話もよく聞きます。
実は、ぽっこりおなか、タレ尻、脚太なんかは骨盤のゆがみが関係している場合もあるんですよね。食事制限を頑張ってもなかなか思うような体型になれないという方は、骨盤が原因かも。骨盤は、生活の中の何気ない癖、テレビの位置などの生活環境、運動不足による筋力低下、寝相や寝具の選び方などによりゆがみが生じはじめます。
そのゆがみが下半身デブを生み出している可能性があるんです。

今回は、その骨盤のゆがみを矯正する骨盤ダイエットのポイントを紹介しましょう。

骨盤のゆがみの種類を知る

骨盤が広がっているタイプ

前傾してしまっているタイプ

傾いているタイプと大きく3つほどにわけられます。

自分がどのタイプなのか知ることも重要です。

日常生活での動きを意識する。

立ち姿、座った時に脚を組まない、姿勢よく歩くなど日々の動きの時にしっかりと悪い癖をなおしていくことが大事です。夜、寝る時のマットの堅さ、枕の高さなども体に無理がないか確認してみましょう。特に姿勢を意識することが重要です。

骨盤のゆがみに効果的なダイエット、ストレッチをする

やはりゆがんでしまったものはもとに戻す必要があります。よつんばになり片足ずつ、斜め上にのばしてそこでキープする。こわばった股関節を緩めるために、足裏同士をくっつけて、前屈して股関節をストレッチ、片足立ちなどスキマ時間に取り入れる。

筋力をつける

骨盤をきちんと支える筋力がないとゆがみがちになります。ストレッチ、運動などで下半身の筋肉をつけることも重要です

骨盤のゆがみが治ると、体重はそこまで変わらなくても、0脚が改善されたり、尻が引き締まったり、ポッコリおなかがへこんだりします。

ダイエットというと、食事制限や運動をしないとと考えがちですが、意外な盲点となっている骨盤。きれいで美しいボディーラインを手にいれるためにもぜひ、骨盤ダイエット試してみてくださいね。