目の錯覚でスリムに見える!視線誘導で体型カバーファッション

人間の目は結構いいかげんなもの。
目の錯覚や視線の誘導を利用することで体型カバーファッションは実現できます。
以下いくつかのポイントを紹介します。

柄モノの選び方

しま模様を選ぶなら、ボーダーよりストライプを。
ボーダーのような横に伸びるラインは、横のラインをを強調し膨張して見えます。
反対にストライプは縦のラインを強調し、着痩せ効果があります。

ボーダーの洋服、かわいっくってついつい手に取ってしまいますが、体型カバーを考えるとき、ボーダーは封印した方がよいでしょう。

反対にストライプのシャツは、着回しもききますし、一枚さらっと着るだけでも着痩せ効果が狙えるスグレモノなアイテムです。
体型カバーを狙うなら、一着はもっておいて損はないと思いますよ。

ベルトでウエストラインを登場させる

洋服のシルエットが、どうもだぼっとしているなと感じたら、手持ちのベルトでウエストマークをしましょう。
すなわち、無理やりウエストのくびれを登場させるのです。
実体はくびれていなくても、ベルトの明確なラインがあることによって、くびれている「ように」見せることができます。
ベルトは、なかなか便利なアイテムなので、さまざまな洋服に合わせられるようにいくつかの種類をもっておくといいですよ。
太いベルトを持っているなら、次は細いベルトを、洋服になじませる色のベルトを持っているなら、次はベルトが目立つような色のものをなどと、バランスをとっていくといいと思います。

シャツの着こなし

タンスに一枚はあるのではないかと思います。白シャツ。
うまく使えば、体型カバーできますよ。

まず、胸元ですが、ボタンを多めにあけて、Vラインを作りましょう。
第一ボタンまで締めていると、首がつまって大顔に見えてしまいます。
胸元にシャープなVラインを作ることによって、小顔を演出することができます。
そして、Vラインを作った胸元にさらに白シャツに映えるカラーや柄のストールをたらせば、さらに体型カバーが狙えますよ。