ぶら下がり健康器ダイエット

ぶら下がり健康器ダイエットとは

70年代後半に大ブームとなったぶら下がり健康器をご存知でしょうか。

形が洋服掛けにも転用可能であったことから、購入した物の飽きて使わなくなった後に、洋服を掛けていたという経験のある人も多いかもしれません。

かなり流行したものではありましたが、実際に長期間使い続けた人はあまりいないと考えられる健康器具の一つです。

ぶら下がり健康法は、ぶら下がることによって背骨などの骨格のズレを矯正する他、肩こりの解消や内臓の調子を整える効果、腰痛の予防や改善を促すとされた方法です。

一日一分程度健康器にぶら下がるだけで効果が得られると言われ、老若男女にすすめられた健康法です。

ダイエット効果については特に提唱されていたわけではありませんが、骨格のズレはダイエットの大敵であることを考えると、多少の効果が期待できるかもしれません。
 

ぶら下がり健康器ダイエットの方法

ぶら下がり健康器を使った健康法は、一日に一度短時間ぶら下がるというものでした。

一分では短すぎるかもしれませんが、確かにぶら下がりを行うと肩こりが軽減されたり、背中部分にスッキリ感を感じることができるので、血行に良い影響があることは確かな事でしょう。

そのまま少し反りをいれたり、太ももを持ち上げるなどの行動をプラスすることで、体の各所を鍛える効果を得ることが可能です。

しかし、懸垂やそれ以上の運動については、ぶら下がることだけを前提に作られた健康器では強度に不安があるため、行わないことをおすすめします。

あくまでも、ぶら下がった状態で行う軽いエクササイズ程度にとどめるようにしてください。気分転換やリラックス効果は高いので、ダイエット中のスト例解消に利用するのも良いでしょう。
 

ぶら下がり健康器ダイエットのメリット

骨格のゆがみを修正する効果。

肩こり解消。

リラックス。
 

ぶら下がり健康器ダイエットのデメリット

運動ではないのでこれだけで減量することは難しい。
 
 

スポンサーリンク